共同仲介と単独仲介の違い

複数の不動産会社が、共同で仲介することを「共同仲介」といいます。1社で単独仲介することを「単独仲介」といいます。

「共同仲介と単独仲介の違い」のサムネイル

不動産業者が関与する形態

両手仲介(単独仲介)

両手仲介とは1つの不動産会社が売主と買主の両当事者の仲介をすることです。単独仲介ともいいます。買主、売主ともに同じ不動産業者に手数料を支払います。業者の手数料は合計で6%となります。「両手の手間賃」ということですね。手数料率が高いとされる大手仲介業者は両手仲介が多いようですね。

共同仲介

ネットワーク

共同仲介とは、売主と買主に分かれた2つの不動産会社が不動産取引に関与することです。買主側業者が、買主を、売主に紹介するという形態です。

各当事者は、担当する業者に手数料を支払います。そのため、業者の手数料は法定上限の3%となります。買主や売主はそれぞれ担当してくれる不動産業者からサポートを受け、業者はクライアントの利益の保護のため行動します。

買主を紹介することを「客付け(客付業者)」といい、売主を担当することを、「元付」といいます。

不動産業者は法律の上限まで、独自に手数料率を決定できます。これが当社が担当する買主様もしくは売主様の仲介手数料は「仲介手数料半額」というカラクリです。

売主業者に対する客付け

売主は個人ばかりに限りません。業者である場合もあります。そして、仲介業者は売主業者に対して買主を紹介することもあります。このような取引では、売主・買主ともに直接となるため、仲介業者から見ると、手数料は両手仲介と同じような状況です。

しかし、商談の進め方は共同仲介のような状況になります。買主は業者の対応・保護の対象となりますが、売主は業者で専門知識があるとされるため、サポートの必要がありません。

実は、当社の仲介手数料無料のビジネスモデルはこの形態を利用していて、一部を改良しています。つまり、売主から手数料をもらう一方で、買主には免除しています。詳しくは、仲介手数料無料のカラクリでご案内しています。

売主による販売

仲介業者を経由せず、売主が直接販売することもあります。新築分譲マンションはこの形態です。

複数の業者で対応する「共同仲介」

Shakehand

共同仲介とは

仲介会社の共同で1件の取引を成立させるケースを共同仲介と言います。

通常、不動産の売却を希望する不動産の売主は、一般媒介もしくは専任媒介という形態で、一定の不動産業者に売却を依頼しますが、いつも単独仲介で決まる場合もありますが絶対ではありません。不動産は大きな買い物ですから、買い側のお客様が、特定の営業マンの能力や会社の姿勢を重視して、購入準備をするお客様もいます。

そこで、効率よい情報交換が必要です。業者は情報交換を行うため、「レインズ」「アットホーム」など、不動産業者専用の情報流通サイトが活用されています。以前は、これを紙とファックスでやっていました。

通常の共同仲介は「売主側」で1社の仲介業者、「買主側」で1社の仲介業者という形態が一般的です。

なお、共同仲介のシステムは遠方に居住する一般個人・法人どうしの売買でも活用できます。数十億円もする大型の開発用地の場合は、3社以上の仲介にて取引が成立する場合もあります。「共同媒介」ともいいますが。意味は同じです。

共同仲介のメリット

共同仲介のメリットは、売主側としても買主側としても、それぞれあります。

買主のメリット

買主さん側が共同仲介の仲介業者を利用することには、一定のメリットがあります。

買主側が共同仲介業者を利用するメリット
売主側の業者が何かを隠していたとしても、買主側の業者の調査で把握できる可能性が高い
売主側の業者の能力に不安を感じても、能力の高い業者を立てることができる
売主側の業者で住宅ローンのパイプが弱い場合でも、買主側の業者のパイプを利用できる

当社は仲介手数料無料もしくは半額で対応していますので、よろしければご活用ください。

売主のメリット

売主の立場でいうと、共同仲介では、別の業者から買主さんの紹介を受けることになります。来場者数が活性化するなど、いくつかのメリットがあります。

売主が客付け業者からの紹介を受けるメリット
単独仲介よりも広く買主を募集することができる
住宅ローンの銀行等のパイプは買主側の業者による。ひろく買主側の業者のパイプを利用できる

売却活動では、「売却の仲介手数料半額」で対応しています。当社は広告許可を通して共同仲介を重視するタイプの不動産業者です。

共同仲介の手数料配分

売主は売主側の仲介人に対して支払い、買主には買主側の仲介人に支払います。単独仲介の場合では、売主も買主も、同一の仲介業者に会社に手数料を支払います。つまり、共同でも単独でも各当事者が支払う金額は同じです。

ちなみにまれなケースでは、3社以上の仲介にて取引が成立する場合もあります。このようなときには、売主・買主は当初の約束に基づく手数料を支払いますが、これを原資に業者同士の相談で手数料を配分します。

単独仲介とは

コヨーテ

単独仲介とは1社の仲介会社が売主と買主の双方を担当することです。単独仲介は1社(一人)の仲介なので、意思のスムーズな伝達が可能になる半面、悪意の仲介業者が関与すると、獣のように食い破られるという弊害も指摘されています。一般的には消費者の皆さんは単独仲介が基本だとお考えの方が多いようです。しかし、どちらが基本ということはなく、単独仲介も共同仲介も基本的な形態です。

囲い込みによるの弊害

他の業者にお客さんを取られないよう、意図的に共同仲介を拒否したり、十分な宣伝活動をしなかったりというケースです。売り止めなどの手法を用いて自らが紹介する買主のみに、買主を事実上限定します。このような行為は囲い込みといいます。囲い込みに罰則はなく立証が困難なため、大手も含めて横行しているのが実情です。しかし、法的な位置づけは詐欺、横領に該当する犯罪です。

双方代理による弊害

日本国においては民法第108条において双方代理が禁止されています。理由は代理人の胸三寸でどちらか一方の当事者に有利な契約を結ぶなどといったおそれがあるからです。媒介と代理は厳密には違いますが、同様のものとして弊害が指摘されていて、外国では両手仲介が禁止されている国もあります。

なお、仲介手数料無料では、売主は必ず業者です。業者は自らの意思で交渉をしますので、仲介業者の対応が不要です。仲介手数料無料では、事実上、仲介業者は買主の代理人となって行動することができます。

「不動産仲介手数料無料・半額の知識」のおススメ記事

不動産仲介手数料無料・半額の知識
仲介手数料無料や割引になる物件の見分け方
仲介手数料無料がおススメでないとき
不動産(マンション・戸建て)の売買契約の前の準備について
不動産契約の「重要事項説明書」を実例で全部解説
新築住宅の建築中に準備しておくべき手続きと書類
遠方から不動産の購入や売却は可能か?
内見に行った不動産屋から物件を購入しなくてはいけないのか?
元付業者と客付業者
購入の流れを不動産会社タイプごとに比較
オンラインバンキングを活用した不動産決済
購入申込書(マンション・一戸建て)の書き方
物件を押さえる
不動産決済の流れと作業
ご転居前の作業や手続きのご案内
仲介手数料無料のリアルな現状
宅地建物取引士賠償責任保険とは?
仲介手数料無料のデメリット【売買版】
現金で住宅(マンション・一戸建て)購入する流れ
仲介手数料無料になる理由(からくり)
新築戸建の購入手続き(流れ)
不動産売買契約での重要事項説明の意義や目的
中古住宅(マンション・戸建て)の購入の流れ
中古マンションの商談の流れ(申込・契約・キャンセルetc)

記事アーカイブリンク

不動産購入売却の知識のカテゴリご覧になれます。

カテゴリーリスト

記事のトピック