仲介手数料は安くできる!
そして物件購入は安心してできる

ぜひ、それを知ってください


代表 春日秀典

意味不明の物件を押してくる不動産営業マン。仲介手数料は3%+6万+消費税。高い。

こうなると、不満を通り越して、もはや不快と感じるかもしれません。

当社に仲介を依頼すると、『安価な仲介手数料』『安心の住宅売買』をゲットできます。

「無理に売らない」「デメリットから説明する」「思ったことを言う」などは、ロータス不動産が守ってきた、代表者のスタイルです。お客様にとって良くない取引ならば、申し上げることを厭いません。ロータス不動産は、お客様の不安と不満を同時に解消できる会社の1つです。

手数料の見積もり・ご相談をしたいなら

流れは簡単。物件を特定する情報をフォームから送るだけです。原則、内見は現地集合解散です。

仲介手数料ってなんですか?


代表 春日秀典

家の諸費用を見て、目が飛び出ませんでしたか?

仲介手数料自体は仲介業者が成り立つ根源ですので、必要です。業者の仕事は単に情報屋というだけでなく、納得できて安全な取引を完結させるのが仕事です。

物件の背景はいろいろです。特別な事情があるのであれば、3%を払ってその業者から買ったほうがいいと思います。

ただ、気に留めるべき背景がなく、「いい」と感じた物件が手数料無料・半額にできる物件ならば、いかがでしょうかという提案です。諸費用は目が飛び出るほど高いですから、手数料(約3%)が安くなればお金が浮きます。

居住用の物件なら、基本、どんな物件でも対象になります

不動産情報などからチョイスしてください

現在販売中のあらゆる物件で、手数料無料・半額の確認が可能です。目玉が出る諸費用の一部を、他のことにお金を仕向けることができますので、おそらく圧倒的に仲介手数料無料のほうがいいと思っていますが、いかがでしょうか?

下記のような各種の不動産情報源から物件をチョイスして、情報を送信してください。「できる」「できない」を回答いたします。

※不動産情報源の例

  • 不動産ポータルサイト(SUUMO、Home’sなどの広告専業サイト)
  • 各不動産業者のサイト
  • 各種不動産チラシ
  • 違法な電柱広告なども含めた各種の不動産情報

居住用の物件で対応できます

対応できる物件は以下の通りです。お問い合わせ前に予測をしたい場合には、手数料割引となる物件の見分け方でご説明しますのでご覧ください。

手数料無料になる物件

手数料無料になる物件は新築一戸建て・リノベーションなどの業者が販売する「商品物件」です。
専任返しされている物件は手数料無料にはなりません。

手数料割引になる物件

個人が売主の物件や、共同仲介の物件は手数料半額が原則です。

手数料割引の例外

手数料無料にならない2000万円未満の物件はいわゆる正規手数料となります。

対応しない物件

土地、業務用の物件、投資物件は物件が確定していて、場合でローンの利用を伴わない場合では対応できます。

対応できる物件の状況は、一般的な広告ではわかりづらい部分もありますので、ご遠慮なくご相談ください。

しつこい営業はいたしません!

当社は、しつこい営業は一斉せず、購入手続きで不安をなくし、正確に説明することに注力するタイプの会社です。

『契約まで一生懸命』という会社は多いと思いますが、どちらかというと契約後に一生懸命やります。

お客様へのお願い
  • クルマを利用したご案内や、2件以上の物件のご案内はできません
  • 定休日、夜間・早朝のご案内はできません
  • 当日対応はできません
手続きの対応

「契約や引き渡しの手続き」「ローン手続き」のアドバイスも対応しています。原則として、ご内見のときまでに、ご購入諸費用の概算を作成して明示します。

図面に書いていない詳細の情報について

共同仲介の物件の質問は、即答できない場合があります。ほとんどの元付業者は、物件の詳細資料をスムーズに提供できるカタチで準備していないためです。予めご承知おきください。

基本は全国エリアで対応です

原則、全国で対応します。もちろん契約・決済・ローンの手続きでは、出張の対応もします。

東京・神奈川・埼玉・千葉県の首都圏・南関東エリアの物件ならば、個人所有の物件も対応していますので、種別を気にしないで、なんでもお問い合わせください。また、他の物件の紹介もしています。。

その他全国では、新築一戸建てと新規リノベーションマンションで対応しています(個人売主等の物件は対応できません)。

仲介手数料「無料」「半額」のカラクリ

手数料は、売主さんからいただいて、買主さんを免除します※1

仲介手数料無料のカラクリの根幹は非常にシンプルです。「業者である売主様から手数料をいただき、買主様に対して免除する」というビジネスモデルです。売主さんは当社に対して広告代わりに手数料を払うという構図に他なりません。

通常の業者なら2社による共同仲介のときと同じ手数料率です。業界用語で片手といいます。当社も両手をしないわけではありませんが、不透明になりがちなので、原則的に片手を前提にしています。売却サービスでも同様です。

業者だけが見れる情報ネットを活用するので、どんな物件でも可です

実は、もともと不動産業界には、業者が加入が義務付けられているネットワークがあります。まったく大したことではありません。レインズと言います。手数料無料になるような物件も、このネットワークを通して、売主と商談をしています。

また、これまでの長年にわたる営業活動で、人脈でも販売協力を呼びかけられます。扱うことができる物件が多数あるのはこのような事情です。

リノベ住宅
キレイなお部屋は仲介手数料も無料です。

他社がマネしづらいことがあります

ネットによる集客が他社がマネができないところです。

検索エンジンでは大手にも引けを取らない露出により、多い集客を実践できます。おそらくお客様ご自身も、グーグルなどの検索経由かSNS経由だと思います。

しつこい営業もせず、ながく事業を継続できているのには、明確な理由があります。集客ができずないから、しつこい営業に陥ったり、没落したりする羽目になります。

動画もつくっています。概略をご案内しています。

手数料半額・割引の施策は当社の一存です

不動産仲介業務は、金額にかかわらず、業務は定型であり、業務内容はおおむね同じです。宅地建物取引業法では仲介手数料の上限を決めていますが、下限は制限がありません。

そこで、当社の判断として、購入価格が一定の価格以上ならば、購入時の手数料は半額という設定をしました。

こちらも動画もつくっています。よろしければご覧ください。

残念ながら、一部の物件で対応できません

他業者からの批判はすべてウソや誹謗中傷ですが、あえてデメリットらしいことを言えば、すべての物件が対象にはならないことです。たとえば、囲い込みなどで、物件にアプローチできない場合には対応できません。これは状況を放置している国交省などにクレームをぜひお願いします。

仲介手数料無料のデメリット【売買版】
仲介手数料無料のデメリット【売買版】
手数料無料は物件により「利用できない物件」もあります。しかし、仲介手数料がゼロ円だからというデメリットではありません。・・・

お感じになる疑問ですが、全て不安はありません

他社にできて、仲介手数料無料だからできないということもありません。活動中によくお受けするご質問についてお答えしています。

  • Q.住宅ローンの相談にはのってもらえますか?
  • Q.手持金0円でローンは組めるの?
  • Q.ローンが通るか不安です・・・
  • Q.仲介手数料無料だと、価格交渉をしてもらえない?
  • Q.他の仲介会社に比べてサービスが劣るのでしょうか?
  • Q.仲介手数料は無料でも結局お金がかかるのではないですか?
  • Q.ロータス不動産の対応エリアを教えてください
  • Q.店舗に行く必要はありますか?
  • Q.購入の流れはどのような感じですか?
  • Q.建築条件付き土地も紹介してもらえますか?
  • Q.他に物件はありませんか?
よくあるご質問
よくあるご質問
よくあるご質問をまとめてみました。

仲介手数料無料・割引のメリットは?

仲介手数料(売買代金の3%相当)が不要

当然ですが、まずこれが基本です。仲介手数料無料のメリットは、手数料がかからないことです。仲介手数料は諸費用のおよそ半分を近くを占めてしまいます。

通常の不動産業者では、売買の場合は、物件価格×3%+6万円に消費税が仲介手数料としてかかります。不動産の購入では、これは大きな負担です。当社がメインで活動している東京23区(とくに都心・城東・城西・城北の各エリア)ですと、通常のファミリータイプマンションならば2000万~7000万円の価格帯ですが、ざっと手数料だけで70万~240万円となります。これだけで、大きなな部分の諸費用を削減できます。

そして、仲介手数料が減るというメリットから、派生的にいくつかのメリットが発生します。資金を物件自体に回せますから、売買の成立自体に対する助けににもなります。ローンで金利が低下することもありえます。複数のメリットが好循環します。

ローンが通りやすくなる

諸費用を減らせば、以下の点が期待できます。

  • 自己資金率が上がる
  • 諸費用の分の借入が減る
  • 年収に対する返済の比率が下がる

これらの条件の改善により、ローンを通す確率がグンと上がります。「なんとかローンを通したい」とお悩みのお客様には、当社のような手数料無料の仲介業者は、お客様とwin-winの関係が構築可能です。

金利が安くなる

ローン条件の改善が影響するのはローンを通すだけではありません。金利にも影響を与えます。銀行系を中心に、金融機関は「審査スコア」という考え方を導入している金融機関がほとんどですが、自己資金率が上がる、諸費用の分の借入を減る、年収に対する返済の比率が下がる、このような各条件を改善することにより、審査スコアが上がることが期待できます。審査スコアが上がることにより、金融機関から金利もより良いものが提示されます。

「なんとかローンを通したい」という差し迫った状況でなくても、金利を下げることで、当社をはじめ手数料無料の仲介業者は、お客様とwin-winの関係を創ることができます。

事前審査

借入率の低下で審査スコアが上がる場合があります。

諸費用がさらに安くなる

手数料無料の仲介業者の利用により、ローンの借入額を減らすことができます。そうすると、それに連動する諸費用も下げることができます。ローン保証料、ローン事務手数料、抵当権設定の登録免許税などがが代表例です。

コストパフォーマンスがよい

仲介手数料無料の対象となる物件は、リノベ住宅や新築建売が基本です。できたものを買うのは、0から注文住宅を作ったり、リフォームをする楽しさはありませんが、メリットもあります。

  • 新築やリフォームによる新しさ・快適さ
  • 「土地代+建築費」の合計で考えると適正価格

手慣れたプロが作る作品は個性を際立たせることはできませんが、できたものを買う手軽があります。失敗のリスクは低く、作られたものとして安定しています。

ライオンズマンション御徒町304-4
ゼロから始めるより、手軽さやコスパは良好です。

仲介業者の説明責任と強力な売主責任

売主による直接販売と違うところとして、仲介業者は特定の物件に縛られていません。仲介業者は自身の利益を必要があります。そのため、リスクを感じるそのため物件の情報や、売主業者の情報については、長所・短所についてのアドバイスをします。

評判の悪い売主であれば、その旨を理解してもらってうえで、商談をすすめるということです。当社では実際にそうしてきました。リスクを理解してご購入していただいたりすることもあれば、当社が商談から辞退したりすることもあります。

もっともノルマに厳しい営業会社の担当者は目先の利益を優先するようになります。いわゆるブラック企業をエージェントに雇うことは絶対に避けなければなりません。これは手数料の有無と関係ありません。

yesno

仲介業者は売主とは違う思惑で動きます。仲介業者自身の評判などを守るため、リスクのある物件や売主であれば、その旨を伝えることができます。

契約不適合責任(瑕疵担保責任)

仲介手数料無料の対象になりえる物件は、ほとんどが新築物件、リノベーション物件です。「宅地建物取引業法」や「品質の確保を促進する法律」の規定で、売主責任が課されています。そのため、一定の品質が期待できることについて、以下のようなメリットがあります。

新築建売住宅・建築条件付土地

新築物件の販売業者は「品質の確保を促進する法律」により構造上重要な部分について10年の保証が義務付けられています。工務店会社の独自の保証が設備や造作についています。住宅性能評価などを利用していることが多く、品質は各段に向上しています。

中古のリノベーション住宅

業者が販売するリノベーション済み(リフォーム済み)の中古住宅は、宅地建物取引業法により2年以上の契約不適合責任が義務付けられています。

リフォーム会社の施策により設備や造作に保証があります。

R1住宅など、品質認証システムを、リフォーム会社の施策により採用していることがあります。

詳しくは仲介手数料無料のカラクリもあわせてお読みください。個人間売買が数か月の契約不適合責任に止まりますので、大きな違いがあるといえます。

ストーリーはお客様が何かに感じた不満から始まります

さて、これからお伝えするストーリーは、お客様からの最初のお問い合わせです。実話ではありませんが、時々いただくもの。ここでは、「お客様」になって。読んでみてください。

このような会話の内容は、メールの場合もあり、電話の場合もあり、ラインの場合もありますが、ときどき、お客様との物語がこのような入り口からスタートします。

ある日の午後の話。電話がなる。

当社:「はい。ロータス不動産です。」

お客さま:「御社のホームページを見てますと、○○マンションが仲介手数料無料になると書いてますけど、ほんとですか?」

当社:「少しお待ちくださいね。(カタカタカタ)こちらですね。はい本当です。」

お客さま:「え?そうなんですか?どうしてそんなことができるんですか?」

当社:「それは、売主さんから手数料もらって、買主さんを免除するというビジネスモデル(少し大げさ)だからです。」

お客さま:「それでやっていけるんですか?」

当社:「ご心配ありがとうございます。業界用語で言うと『片手』ということなんですが、とくに利益が減っているというわけでもありません。。」

お客さま:「はぁ・・・」

当社:「不動産の取引って、1社でまとめることもできますが、2社が共同してまとめることもできるのはご存知ですか?」

お客様:「それはきいたことがあります。レインズってやつですよね?」

当社:「そうです。その時は、売り業者・買い業者が3%づつなのですが、それと同じ料率です。」

お客様:「なるほど。普通のことなんですね。」

当社:「手数料無料という形態の業者は多くはありませんが、料率の面だけでいうと、普通です。」

お客様:「なるほど、わかりました。」

お客様:「じつは・・・その物件なんですが、いいのか悪いのかわからないのですが、他の不動産業者で内見したことがあるんですけど、御社で対応できますか?」

当社:「あらら。そうだったんですね。残念ですが、お話が進んでいるようだと、当社では難しいかもしれません。」

お客様:「お話を進めただというか・・・2週間まえに現地でオープンハウスをしていたので、内見できるか聞いてみたんです。」

当社:「現地販売ですね。」

お客様:「ええ。それで、内見したあと帰ろうと思ったんですけど、他にもいい物件があるから、お店に来ないかと言われて・・・」

当社:「行ったんですか?」

お客様:「はい。そこから夜9時前まで帰してもらえなくて。上から目線だし、煽ってくるし。延々としゃべり続けるので・・・。なんだかうんざりしてきてしまって。」

当社:「大変でしたね。そういうのって、不動産営業あるある、でもあるんですが。」

お客様:「みたいですね。けど、物件の詳細を聞いてもはぐらかされるし。諸費用も最後に見せてもらったんですが、目が飛び出るほど高くて。けど、舐められたくもないので、わかったフリをしていたんですが。」

当社:「なるほど。諸費用は手数料の部分がごっそり変わります。きわめてまれに、登記費用をぼったくる業者もいますが、あとはどこがやっても同じはずです。」

お客様:「勉強しました。それで、この2週間、ほかに2件他の物件で見て、夫婦で相談したんです。あの物件がわりと良い気がしたんですが、あの会社からは買いたくないねって結論になりまして。」

当社:「そのケースですと、信頼できない不動産業者で、力量も足りないというとこですかね? 法的には問題ないと思いますが、心理的にも、業者の変更もやむを得ないかもしれません。」

お客様:「スキルがないかどうかわかりません。ただ、私たちにはそう感じました。それで、検索してみると、御社がヒットしたんです。ブログやYouTubeも見ました。悪いおじさんではなさそうだなと(笑)」

当社:「そうだったんですね。ありがとうざいます。」

お客様:そこで、前向きなんですが、内見したのが日曜のお昼で、最終決断ができなくて。あのときは、物件自体からは、さっと終わったので。もう一度見たいんです。いいですか?」

当社:「承知しました。スキルが低い可能性があると、間違ったことを言っている可能性もありますね。」

「当社の場合。もし、前向きということになったら、日を改めて当社に足を運んでいただくことが多いですが、大丈夫ですか?さらに詳しい物件の説明と、契約の流れ、ローンの流れを説明します。」

お客様:「わかりました。」

当社:「最終的な決断は見てみないとできないと思いますが、お客様の資料などが必要になる展開もありますので、できる範囲でご準備ください。」

お客様:「わかりました。ちなみに、物件の質問をいいですか?」

当社:「どうぞ。」

お客様:「修繕積立金が安い気もするんですが、値上がりとかしませんか?」

当社:「ちょっとまってくださいね・・・それは、情報をダウンロードすればわかります。夕方に電話します。」

【夕方になって・・・】

当社:「将来のことなので断定できませんが、長期修繕計画によると18年後に赤字になる可能性も書いてあるので、その時に、値上げか、一時金になる可能性は否定できません。通常は値上げなんですが、この規模のマンションですと日本の平均値から見ると70円ほど安いので、4000~5000円の値上げは頭に入れておいてください。」

お客様:「そんな感じなんですね。それなら想定の範囲です。わかりました。あと、床は二重床らしいですが、お隣さんとの壁の厚さは判りますか?」

当社:「それは、今すぐの資料ではわかりません。分譲時のパンフレットを取り寄せるとわかる場合があります。ただ、お金がかかります。もし急ぎの情報でなければ、契約前の説明会までには明らかにします」

お客様:「わかりました。急ぎではないので大丈夫です」

当社:「承知しました。それでは金曜日の18時半に、現地集合、現地解散でお願いいたします。」

お客様:「よろしくお願いいたします。」

ロータス不動産とは?

(株)ロータス不動産について

株式会社ロータス不動産
東京都台東区蔵前1丁目8番3号 TEL)03-5809-1630 FAX)03-5809-1541
総武線浅草橋・浅草線蔵前が最寄です。秋葉原、新御徒町、東日本橋の各駅もアクセスが便利です。

ロータス不動産は2010年創業で着実に実績を重ねてきました。「ロータス」とは英語で「蓮の花」のことで、良い水先案内人として、美しい花を咲かせる存在でありたいという思いを重ねています。

小さいとはいえ、当社は仲介手数料無料のビジネスモデルを行う最古参の1社であり、10年以上の実績があます。良心的で確実な仕事を心がけています。東京で活動する大手銀行(メガバンク)と取引をいただいており、ローン付け(代行)が可能です。また、東京都から免許を受け、業者番号(3)となった業者でもあります。

アクセス

最寄り駅は総武線「浅草橋」、浅草線・大江戸線「蔵前」です。山手線・京浜東北線・日比谷線「秋葉原」、TX線「新御徒町」からもアクセス良好です。東京のブルックリンとも呼ばれ、おしゃれなカフェも増えてきましたが、まだ下町の雰囲気も残る「蔵前」に、ロータス不動産はあります。

購入対応(ブログ)

活動状況をブログ情報で掲載しています。ご購入の参考にごらんください。

2023年06月16日

住宅ローン

2023年06月15日

小田原でご案内

2023年06月11日

人形町

2023年06月6日

祝杯

2023年06月4日

ローンの読み

2023年06月3日

本審申込対応