仲介手数料無料のマンション売却

所有マンションを買取業者へ売却されるなら、仲介手数料無料の売却がお勧めです。

競争により高額売却を引き出す

買取の世界は、買主同士が競争することで、1社だけの紹介よりも高額が出やすくなります。だから、当社の仲介が有利なのです。

買取は厳しい競争の世界

買取業者の世界は、つねに物件を求めていますので、非常に競争が厳しい世界です。下記の例は上位20社の業者様の成績です。このほかにも、買取業者は中小零細も含めると数えきれない業者がしのぎを削っています。

不動産業者の業界の隠語で、物件在庫が少ない業者のことを、「お腹が空いている業者」といいます。買取で高値を出すには、このような業者に情報を提供することです。

(株)ロータス不動産は特定の系列に属さず、当社は売り先候補の選定が1社に絞られません。その時々、時期によって変わる強気の「お腹が空いている業者」に情報を提供します。大手でもないため、買主に専任返しを要求しません。オークション形式の競争に仕向けることも可能です。

順位
(2017年
リフォーム新聞調べ)
会社名買取戸数
1位A社2053戸
2位B社1465戸
3位C社1432戸
4位D社1167戸
5位E社750戸
6位F社626戸
7位G社600戸
8位H社530戸
9位I社457戸
10位J社442戸
11位K社420戸
12位L社407戸
13位M社380戸
14位N社370戸
15位O社358戸
16位P社357戸
17位Q社331戸
18位R社317戸
19位S社314戸
20位T社277戸

買取売却のブログ

活動状況をブログ情報で掲載しています。ご売却の参考にごらんください。

柔軟な条件設定が可能

買取の世界は、業者買主なので「好み」という概念がありません。売りづらい物件も対応できます。また、瑕疵担保責任も免責契約が基本です。期間は即決が原則です。他社査定を拝見できましたら、上乗せから交渉します。

短期売却が可能

買取はプロ買主ですので即決が基本です。

急ぎの現金化にも対応できます。

売却のスケジュールが読めます。

スケジュールが読めるので、住替え・お買替えに最適です。

条件にも柔軟に対応

条件が複雑で個人には売りにくい物件も柔軟に対応できます。採算に合えばどのような物件でも対応できるからです。

瑕疵担保免責も対応できます。

深刻なワケアリも柔軟に対応します。

古い築年数はリフォームを丁寧にするので大丈夫です。

見学がありませんから、秘密の売却が可能です。

当社に依頼していただければ、くどい営業に逢いません

賃貸中も売却が可能です。

デメリットはないの?

メリットとデメリットは逆の関係にあります。下取りにより、早く、瑕疵担保責任もなく所有マンションを売却できる分、いくらか価格のダウンはあります。

手数料無料が可能な理由

所有マンションを買取にて売却されるなら当社ならではのメリットがあります。

手数料は買主から

売主様には請求しません。これがビジネスモデルの基本です。買う競争を行っている業界なので、「買える」ことに対する対価を払ってくれます。当社は買主業者様からの手数料をいただきます。そのため手数料無料で所有マンションの売主様にサービス提供が可能です。

即決ですから、低コスト営業が可能です。広告料などがかかりません。

プロ間では普通です


買取業者の仕入れは競争です。
所有マンションも頑張ると有利な条件も出てきます

「売主は手数料を払わず、買主から徴収する」という状況は、プロ業者間の物件(不動産ファンドやマンション用地など)ではよくある話です。プロ間でやっっていることを、同様に所有マンションでも行います。

売却の費用や流れ

買取業者への仲介は、当社では仲介手数料は無料です。売却費用はほとんど不要です。

税金は経費も含めて売却益が生じた場合に必要となります。最終の売却益に対して課税されます。

一戸建ての場合は個別にご確認ください

印紙などの付帯費用がありますが、より詳しいお話は、「買取業者への売却の流れと経費」の記事で詳細を記しましたのでご覧ください。

独自の売却システムとサービス

時間に余裕があって、価格も上限で売却を希望される皆さまには、個人向けに普通の売却活動を行ったほうがいいかもしれません。

売れる仕組みづくりを検討して、手数料半額以外にも多様なサービスメニューをご用意しています。通常の売却のほかにも、お客様の多様な売却ニーズに対応しています。

不動産売却の参考情報

遠方から不動産の購入や売却は可能か?

結論から申し上げると、マンションや土地の契約や決済を、遠隔地から現地に行かずに実施することは、制度上は可能です。当社でも...

売却でダメな不動産業者を見分ける

売却を依頼するにあたり避けたほうがいい業者は、「売却の間口を狭くする」業者です。特定の事情があれば別ですが、物件情報の【...

事故物件の不動産売却

何を事故物件とするかは法律に基づいた具体的な指針はありません。事故物件=心理的瑕疵は、買主が嫌だと感じたら、それは瑕疵と...

不動産の囲い込み

囲い込みとは売却の依頼を受けた不動産業者が、他の不動産業者からの買主紹介を意図的に制限することです。 断定はできません...

「専任返し」の弊害と見分け方

専任返しとは、買取業者の物件仕入のとき、返礼として、商品化した物件の売却を、通してくれた仲介会社に再販売を任せることです...

住宅ローンの完済と抵当権の抹消の手続き

抵当権を抹消することができれば、残債があっても不動産を売却することは可能です。自己資金でも、売買代金によっても完済は可能...

マンションや一戸建てを売るのに必要な期間

不動産売却にかかる期間は理想的には3か月とされます。しかし、諸々の要因が重なり合い、現実には8か月くらいが平均となってい...

投函チラシで「売り物件募集」が多い理由

買主対応は他の仲介業者のライバルも多いため、不動産仲介では売り物件を持つ方が効率が高いと考えらています。 売却受託をと...

高額査定の意図と弊害

不動産の査定は約束価格ではありません。高額査定の目的は、とにかく人の欲に漬け込んで物件を売却を受託することです。けっして...

マンション・一戸建てを瑕疵担保免責で売却する

瑕疵担保免責で売却を希望しても売りづらい側面があり、価格差も大差がなくなってくることから、買取業者への売却がお勧めです。...

秘密でマンション・一戸建てを売却する方法

秘密で売却するには強い制約もあるため、現実的には、買取業者への売却が有効な選択肢かもしれません。当社もふくめ、大手に属さ...

買い先行での旧住宅ローンへの金融機関の対応【まとめ】

メガバンク メガバンクA 他行のローンであれば、新旧ローンの合算が所定の返済比率に収まるのであれば対応できます。 旧ロー...

査定・お問合せはこちら

株式会社ロータス不動産

友だち追加 ラインでも査定・ご質問

    お名前 必須
    メール必須
    お電話
    建物/所在 必須
    ※マンションの場合は室名もご記入ください
    間取り・面積 必須
    現況 必須 居住中空室賃貸中
    ご相談内容必須
    売却の希望価格 万円
    ご質問・メッセージ
    (上記の内容で送信されます。確認画面は表示されません)