一般・専任・専属のメリットやデメリット

公開日: 更新日:
一般・専任・専属のメリットやデメリット』のまとめ

一般媒介は1社に縛られず、複数の仲介業者に売却活動を依頼できます。しかし広告が広らず、囲い込まれるリスクもあります。販売状況のレポート義務もありません。

専任媒介、専属専任媒介は1社のみに売却活動を依頼する形態です。売却失敗のリスクもある反面、何社も管理する必要がないので、信頼できる業者がいれば、こちらの方が楽でしょう。

一般媒介なら広告が拡散できると思われがちですが、むしろ「囲い込みをしない」「広告可が前提」を明言する業者に対して、専任・専属で依頼するほうが拡散できます。

このページでは一般・専任・専属のメリットやデメリットについてご案内します。

媒介契約について

別ページで不動産を売却する方法を説明しましたが、自宅を売却するには個人で対応する方法と不動産業者に委託する方法があります。ただ、現実的には個人で買主を発見するのは難易度があります。そのため、不動産会社に仲介してもらうのが一般的だと思います。
brokerage

媒介契約とは売却委託のための契約

物件の売主と不動産会社が、売却の売却委託を取り交わす契約を、媒介契約といいます。媒介契約においては、不動産会社が契約内容(委託内容)を記載した書面を作成し、売主に交付するように宅地建物取引業法により義務づけられています。

媒介契約は、物件の内容、不動産会社の業務と義務、媒介契約の種類、契約の有効期間、レインズへの登録の有無、仲介手数料などの内容が明確に記載されていますが、この契約の内容は国土交通省が標準的な約款を提案しています。各不動産業者はこれに基づき契約書を作成しています。参考としてご覧ください。

媒介契約の形態には3つのパターンがあります。一般媒介、専任媒介、専属専任媒介です。この形態を「取引態様」ともいいます。取引態様の違いは、不動産業者の義務の違いに特徴があります。それぞれ後述をご覧ください。

国土交通省が示す標準約款
https://www.mlit.go.jp/common/000006576.pdf

一般・専任・専属の3形態

3つの媒介契約について、違いを簡単にご案内いたします。

委託可能な会社の数

一般媒介 複数の不動産会社に委託可能
専任媒介 1社の不動産会社のみに委託可能
専属専任 1社の不動産会社のみに委託可能

営業活動には広告費や調査費などがかかりますので、1社に専任で委託する方式と複数の不動産業者に委託できる方式で差別しています。

買主の自己発見の可否

一般媒介 売主が買主を見つけて契約できる
専任媒介 売主が買主を見つけて契約できる※
専属専任 自己発見取引は不可

不動産会社の報告義務

一般媒介 報告義務はない
専任媒介 2週間に一回以上の報告
専属専任 1週間に一回以上の報告

営業活動状況を報告することです。

レインズの掲載義務

一般媒介 掲載義務はない
専任媒介 媒介契約締結の後、7日以内にレインズへ登録
専属専任 媒介契約締結の後、5日以内にレインズへ登録

レインズとは国土交通省が指定する不動産流通機構です。業者間の不動産情報ネットワークの役目を果たしています。

image_transfer

一般媒介の特徴

一般媒介の特徴

多数の不動産業者をコントロールする必要があり、手間は多くなりますが、複数の会社に仲介を依頼できるので、うまく使いこなせば、会社間の競争が機能します。囲い込みの不正をしにくくなります。

一般媒介が向く人

どうしても「大手」に依頼したい人には一般媒介が向くかもしれません。大手では、専任で任せると担当者によっては囲い込みをするリスクがあります。営業偏重の大きな会社では、社内での競争が厳しく社内がライバルだからです。大手を活用したいけど、強制的に物件をオープンにさせたいのであれば、一般媒介は役に立ちます。

状況によっては、あえて囲い込みを許容する人もいるかもしれません。そのような方にも向いています。

かえって囲い込まれるデメリット

上記の「違い」にてご説明した通り、販売状況の報告義務とレインズの登録義務がありません。不動産会社がどのように活動しているか分かりづらいくなります。

レインズに登録することによる物件情報の拡散が期待できません。ある程度、不動産業について知識あると、多くの業者に依頼しようとして一般媒介を選択されるお客様もいますが、意外と伸びません。逆に、多数の不動産業者をコントロールする必要があるため、手間が増えます。

あえて囲い込みを許容する場合以外においては、単独一社での一般媒介は極めて危険です。

囲い込み懸念がある業者でも、複数の大手に依頼すれば、一般媒介による囲い込みの心配は無要でしょう。大手であれば、一般媒介でもどこかはレインズに登録するようです。

専任媒介・専属専任媒介の特徴

専任・専属専任の特徴

不動産会社の責任を厳しく認めています。たとえば報告頻度が多く設定されています。売主が販売状況を把握しやすいのがメリットです。

専任・専属専任に向く人

信頼できる不動産会社(営業マン)に出会えた場合であれば、専任・専属専任の方が向いていると思います。

打ち合わせをする相手は一人の不動産業者・担当者で、その会社型の不動産会社の窓口になります。窓口が一本化できますので、信頼できて、当社のように囲い込みをしない会社であれば使い勝手はいいと思います。

デメリット

1社に任せる体系ですので、力量次第で売却の時期や金額が左右されます。複数の依頼先ではないため、悪質な担当者に捉まると囲い込みをされてしまうこともあります。買取保証などが絡まると、売主にとっては最悪のケースになることもあります。

代理について

番外編ですが、売却委託の形態として、代理という形態もありますのでご案内いたします。

不動産会社が売主から委託をうけて不動産を販売することは同じですが、代理とは民法で規定する代理です。つまり、一定の与えられた権限の範囲内で、不動産会社は売主になり替わり判断を行い、意思表示をすることができます。買主からみれば代理の不動産会社=売主と同じになります。売主が不動産会社に販売報酬として、代理手数料を支払います。代理は報酬額の制限に違いがあります。代理の報酬額の法定上限は媒介の場合の2倍です。つまり(売買価格の3%+6万円+消費税)×2です。

代理は大規模マンションなどを販売するのに用いられる形態です。上記の通り、業者が受け取る手数料は倍ですので、これにより新築マンションは仲介手数料がありません。しかし、業者間だけの形態ではありませんので、個人が利用することもできます。

「売却の流れ・手続き」関連記事

売却の流れ・手続き

遠方から不動産の購入や売却は可能か?

結論から申し上げると、マンションや土地の契約や決済を、遠隔地から現地に行かずに実施することは、制度上は可能です。当社でも...

売渡承諾書

所有者が、所有不動産を売却する意思がある旨を買主又は仲介者にあてて表明する書面のことです。なお、売渡承諾書を交付した段階...

買い先行での旧住宅ローンへの金融機関の対応【まとめ】

内容1 メガバンク1.1 メガバンクA1.2 メガバンクB1.3 メガバンクC1.4 メガバンクD2 フラット353 ネ...

住まいの売却中に仲介業者の変更は可能?

仲介業務は成功報酬のエージェント業務ですので、成果が出なければ変更は可能です。 売却業務では、仲介業者と売却依頼者との...

マンションや一戸建てを売るのに必要な期間

不動産売却にかかる期間は理想的には3か月とされます。しかし、諸々の要因が重なり合い、現実には8か月くらいが平均となってい...

住まいの売却費用の一覧と解説

不動産の売却にあたっては「仲介手数料」「印紙代」がかかるほか、ローンの借り入れがあれば、「抵当権抹消登記」「一括返済手数...

買取業者に売却するときの流れ・経費(マンション・一戸建)

買取業者とはプロ業者へ売ることです。プロ業者への売却は、判断・対応は早いのが特徴です。仲介業者を介さず、直接、買取業者へ...

住宅ローンの残債務があるときの売却

住宅ローンの残債務があるときでも売却は可能です。 売却価格が残債務より高い場合には、売却した資金をもとに残債務を一括し...

住宅ローンの完済と抵当権の抹消の手続き

抵当権を抹消することができれば、残債があっても不動産を売却することは可能です。自己資金でも、売買代金によっても完済は可能...

不動産売却の手続き・流れ(マンション・一戸建て)

マンションのご売却には、ご相談からスタートして、査定⇒売却活動⇒契約⇒決済と、最後のお引渡しまで進みます。活動のなかで最...

引渡し猶予

「引渡し猶予」とは、決済後、売主が買替え先の物件に引っ越すまでの間、現実の明け渡しについて買主が時間的な余裕を与えるとい...

住宅(マンション・一戸建て)の買い替えの知識と費用

売ったお金で旧宅のローンを返済し、新宅のローンを同時に成立させ実施することが買い替えの難所です。 方針はおおむね「売り...