住まいの売却中に仲介業者の変更は可能?

公開日: 更新日:
住まいの売却中に仲介業者の変更は可能?』のまとめ

仲介業務は成功報酬のエージェント業務ですので、成果が出なければ変更は可能です。

売却業務では、仲介業者と売却依頼者との依頼内容がわかる「媒介契約書」があります。委託期間は必ず3か月更新となっています。

売却委託契約を解除しようとすると、悪あがきや演技をする担当者もいます。任せても成果はでませんから、強い気持ちで臨みましょう。

このページでは住まいの売却中に仲介業者の変更は可能?についてご案内します。

業者の変更にも快く応じます。ご期待ください。売却の場合でも仲介手数料無料・半額です。詳しくは、「業者変更の場合も仲介手数料半額・無料」をご覧ください。

仲介会社の変更を検討する前の確認

仲介業者を変更しようと検討するに至ったのは、たいへん残念なことですが、おそらく、現状では売れ行きが思わしくないことがほとんどだと思います。あるいは現在の仲介業者が不誠実でだったり、故意または重大な過失あるなどの場合でしょう。<

変更を検討する場合には、まず冷静になって、仲介業者との間の委託の契約内容を見てみましょう。仲介契約(媒介契約)は役所の指導でパターン化されています。次のいずれかの媒介契約を締結しているはずです。おそらく多くの方々が、業者さんに言われたままに委託の契約をしていると思いますが、変更をするまえには媒介契約書を開きなおして、まずは内容を確認しましょう。

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

一般媒介の場合は任意に別の不動産会社と契約できますので、不動産業者の変更のことを考える必要がありませんので、割愛します。この記事では、専属専任媒介契約と専任媒介契約を想定しています。

不誠実な業者の動き

いったん決めた仲介会社を、当社に変更をご相談したいというのは、よっぽどのことです。以下のような対応が見られた場合は、売主から中途解約をして、当社との契約ををお勧めしたいと思います。

  • レインズに登録せず、他の業者にも買主紹介を依頼した形跡がない
  • 囲い込み(他の業者の問い合わせに応じない)
  • 1~2週間に一度の報告がない(法定)

ただ、上記のような事例はあまり悪質な事例で、薄々感じても、断定できる証拠がないと思います。また、悪質な業者であれば、簡単には中途解約には応じないこともあります。行政に相談すれば指導をしてくれることもありますが、そもそも仲介業者が不誠実で怠慢ということを客観的に論証することはたいへん労力がいることです。そういった場合ならば、悔しいですが後述のように3ヶ月は様子を見てみましょう。

売主様にてできること

売れ行きが悪い場合、率直に申しますと、売主が改善できる要素があるかもしれません。内見への対策(掃除等)が不十分だったり、相場よりも価格が高いといった場合です。このような場合は変更してもメリットはないと思います。>もっとも、価格に関しては、売れない価格設定のアドバイスをした責任は仲介業者にもあります。不誠実という意味では、お付き合いは継続しない方がいいかもしれませんね。

仲介会社を変更するタイミング

以前の媒介契約の期間満了時が、最もスムーズに変更できるタイミングです。法律では、消費者保護のため、媒介契約の契約期間は「3ヶ月以内」という規定あります。「宅地建物取引業法第34条の2第3項」には以下のような記述があります。

依頼者が他の宅地建物取引業者に重ねて売買又は交換の媒介又は代理を依頼することを禁ずる媒介契約(「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」のこと)の有効期間は、三月を超えることができない。これより長い期間を定めたときは、その期間は、三月とする。

また、媒介契約は自動更新ではありません。その点も法律で規定があります。「宅地建物取引業法第34条の2第4項」には以下のような規定があります。そのため、契約が切れたタイミングで仲介会社を変更することは全く問題のないことです。

前項の有効期間は、依頼者の申出により、更新することができる。ただし、更新の時から三月を超えることができない。

仲介会社変更の手順

媒介契約に契約が満了し、契約更新せずに契約終了にしてから変更先と媒介契約を締結することになります。

上述の通り、専属専任媒介契約・専任媒介契約の更新は契約更新を要することが法律にも規定されていますので、先に仲介業者から更新を聞かれた場合は更新しないと伝えて、更新書面に記名をしなければよいだけです。

契約を更新するかどうかは当事者の自由ですので、更新しない理由を伝える義務はありませんが、悪質な業者だと、ゴネる変な担当者だった場合もあるかもしれません。スムーズに降りてもらうために、もともと売る予定だったときの売却事情が変わった旨を伝えてあげればいいでしょう。相手も悪質でしたら嘘でも構いません。

契約期間が終わったら、前の契約業者が降りているかレインズで確認します。当社の場合では、降りていることが確認できればご契約の受託が可能です。

悪あがき・不動産コントに注意

ちなみに、更新をしない旨を申し出れば、極めてまれに、悪あがきの行動に出る業者・担当者もいます。大手や地元の有名店でも担当者ベースではいるかもしれません。こういった嫌な人間と付き合わねばなりませんが、悪あがきは極めて残念な行動ですから、売れない業者の言葉に惑わされてはいけません。今般は、見る目がなかったと思い、気を取り直して、強い気持ちで対応しましょう。

代表的のは以下の3つです。

「出回り物件」が云々と非難する

出回り物件とは、「時間が経ち、広く出回ってしまい、鮮度は落ちた物件」ということです。秘密にしてれば売れるということはありません。

そもそも出回らず、仲介業者の顧客内で売れる物件は、相場以下のボランティア価格、バカ安の魅力的な価格の物件だけです。相場価格で売却をしたいなら、少しでも情報を拡散させた方が売れます。

「売主がブラック扱い」云々と非難する

仲介業者の変更で業者間で変な噂が立ち、ブラック扱いになるという脅しです。狭い世界なら別ですが、当社に関して言うと、東京23区は大都市ですので、業者の繋がりなど、気にしなくて大きなマーケットです。そもそも、買い手となる消費者の方は、業者の都合など知りません。

唐突な購入申込を入れてくる

契約更新の間際だったりすると、何の脈略もなく、唐突にダミーの申込を入れることがあります。芸人のコントのようですが、悪質な業者は、まじめな顔で演技します。

本当に売買契約がまとまる場合は、1~2週間程度で話がまとまりますので、ローンを依頼する銀行と契約予定日を確認してください。ダミーの申込なら日付や条件は曖昧です。曖昧でしたら「売るのをやめた。申し訳ない」とだけ伝え、更新はしない旨を伝えてください。お話が本当のようなら、「まぁ、2週間程度は様子を見ましょうか。更新契約書はあとでいいですよね?」と申し上げて、進捗の報告をうけてください。おそらくフェイドアウトするか、だらだらと時間が過ごすよう、演技を続けるでしょう。

万々が一、それが本当の買主が存在すれば、その業者さんから新受託の業者さんに買主様のご紹介があります。あるいはその買主さんが新受託の業者に直接足を運ばれるかもしれませんね。なお、当社が売却を受託していれば、業者さんの紹介でも買主さんの直接訪問でも、当社は拒みません。ありがたくお受けいたします。

「売却の流れ・手続き」関連記事

売却の流れ・手続き

遠方から不動産の購入や売却は可能か?

結論から申し上げると、マンションや土地の契約や決済を、遠隔地から現地に行かずに実施することは、制度上は可能です。当社でも...

売渡承諾書

所有者が、所有不動産を売却する意思がある旨を買主又は仲介者にあてて表明する書面のことです。なお、売渡承諾書を交付した段階...

買い先行での旧住宅ローンへの金融機関の対応【まとめ】

内容1 メガバンク1.1 メガバンクA1.2 メガバンクB1.3 メガバンクC1.4 メガバンクD2 フラット353 ネ...

マンションや一戸建てを売るのに必要な期間

不動産売却にかかる期間は理想的には3か月とされます。しかし、諸々の要因が重なり合い、現実には8か月くらいが平均となってい...

一般・専任・専属のメリットやデメリット

一般媒介は1社に縛られず、複数の仲介業者に売却活動を依頼できます。しかし広告が広らず、囲い込まれるリスクもあります。販売...

住まいの売却費用の一覧と解説

不動産の売却にあたっては「仲介手数料」「印紙代」がかかるほか、ローンの借り入れがあれば、「抵当権抹消登記」「一括返済手数...

買取業者に売却するときの流れ・経費(マンション・一戸建)

買取業者とはプロ業者へ売ることです。プロ業者への売却は、判断・対応は早いのが特徴です。仲介業者を介さず、直接、買取業者へ...

住宅ローンの残債務があるときの売却

住宅ローンの残債務があるときでも売却は可能です。 売却価格が残債務より高い場合には、売却した資金をもとに残債務を一括し...

住宅ローンの完済と抵当権の抹消の手続き

抵当権を抹消することができれば、残債があっても不動産を売却することは可能です。自己資金でも、売買代金によっても完済は可能...

不動産売却の手続き・流れ(マンション・一戸建て)

マンションのご売却には、ご相談からスタートして、査定⇒売却活動⇒契約⇒決済と、最後のお引渡しまで進みます。活動のなかで最...

引渡し猶予

「引渡し猶予」とは、決済後、売主が買替え先の物件に引っ越すまでの間、現実の明け渡しについて買主が時間的な余裕を与えるとい...

住宅(マンション・一戸建て)の買い替えの知識と費用

売ったお金で旧宅のローンを返済し、新宅のローンを同時に成立させ実施することが買い替えの難所です。 方針はおおむね「売り...