売り買い同日決済の動きと注意点

「売り買い同日決済の動きと注意点」のサムネイル

買い替えでの「売却活動」は、先に新居に引っ越してから空室にしたほうが何かと有利ですが、それが難しい場合、在宅で売却を決めてから、購入の物件を探します

売り買いの同日決済とは、そのときに取りうる買い替えの流れの1つです。売り物件と買い物件の決済をを同じ1日で行います。

住宅ローンの返済比率の問題など、金銭面での余裕幅が少ない場合に取る対応です。旧宅の住宅ローンを返済してから、新宅の住宅ローンの取り付けを行います。

売却の査定、お悩み、セカンドオピニオンをLINEウェブサイトから対応しています。

公開日: 更新日:

同日決済とは買い替えの流れの1つ

マイホームの買い換えをするとき、先に買って後で売るよりも、まず物件売却を焦らずジックリ売ることで、売値を有利に設定することができます。そのための行動の選択肢はいくつかありますが、金銭的な余裕により、取りうる選択肢がかわります。

売却物件と購入物件を同時に抱える

高い売値を得るのに最も有利な方法は、先に購入物件のローンを組んで転居してから売り物件を空室にして、売却を開始する流れが最も有利です。

ただ、この方法では、一時的にせよ売り物件と買い物件という2本のローンを抱えていることになります。金銭面で余裕が必要であり、誰でもできるものではありません。2本のローンを同時に抱えることは家計面でも負担です。

売り買い同日決済

ローンの返済比率などが問題となって金銭面での余裕幅が少ない場合には、先に売り決済を終わらせてローンの完済を済ませる方法もあります。旧宅の決済を行い、以前の住宅ローンを完済してから、新宅の住宅ローンの交付を受けて決済を行います。

「身ぎれいになって」から、購入の決済のための住宅ローンを借り入れるわけです。この方法を使う時には旧宅の引渡し猶予で売り物件の買主さんから協力を得ながら、買うほうの決済を進める場合があります。

また、引渡し猶予を受けるにも猶予期間は短いほうが望ましいわけですし、このような成約のなかでは、「旧宅の売り」と「新宅の買い」の決済を(ほぼ)同日に行なうことが必要になる場合があります。

home_replacement

買い換えを伴う転居にはいろいろな流れの選択肢があります。

同日決済のための準備

売りと買いの同日決済は忙しいのに間違いはありませんが、適切な準備をして進めれば、まったく慌てる必要もありません。事前の申請と段取りの確認が重要です。仕組みは単純ですので、流れを押さえれば安心して対応できます。

購入物件が決まってからすること

一括返済においては、金利の最後の1円まで計算をして入金をしますので、事前の申請が必要です。そこで、購入物件が決まってからまず着手することは、旧宅の住宅ローンの一括返済の申請方法、流れの確認して、慌てないようにすることです。

申請手続きの方法は銀行によって変わります。どのように申請をすればいいか、事前予約の有無、時間、場所、必要書類などを確認しなければなりません。

この作業は新居の取得が決まったら、早々に進めるとよいでしょう。申請から完済の手続きが可能な期間は銀行によって変わります。通常の銀行では、申請時点から2週間程度で完済手続きが可能です。ネット銀行やフラット35の場合だと1か月くらいの場合もあります。

購入の住宅ローン審査と決済日の確定

購入の住宅ローンについて本審査を進めます。既存の住宅ローンの情報を要求されますので、準備しておいてください。現在のご自宅の登記簿謄本、現在の債務残高がわかるもの(半期の返済予定表)などです。

新宅の住宅ローンの本審査を通過したら、旧宅の買主と早々に打ち合わせ、決済日を確定させてください。決済日を確定させると、旧宅の住宅ローンの一括返済の手続きが可能となります。

事前の手続きの確認で把握した流れに基づき、金融機関に一括返済の手続きを希望する旨の申し出を行ってください。

決済日が決まればおのずと引っ越し日も決めることができます。住宅ローンの審査に通ったら、引っ越し業者の見積もりの取り寄せは早々に行うとよいでしょう。

新宅の住宅ローンの契約

新宅の住宅ローンの契約は通常と同じです。とくに慎重になるべきポイントはありませんが、新宅の登記をどの住所で登記を行うか判断してください。

新居で登記を行う場合には、抵当権の抹消の時に旧宅の住所変更が必要になります。これを見積もりに反映させなければなりません。ただし、これには裏技がないわけではないので、別途ご相談ください。

一括返済の申請

手続き自体は非常に簡単です。指示された事項に記名捺印(実印)を行うだけです。返済手続きはおよそ30分くらいで終わると思います。

ほとんどの金融機関は事前予約が必要ですので、大切なのは申請前の打ち合わせだと言えます。十分に打ち合わせたうえで、「買いの決済」「売りの決済」を同日に設定をし、同期させなければなりません。

申請手続きは各銀行で対応がかわります。大手銀行ならば最寄りの支店で手続きを受付をしてくれます。時間外のテレビ電話対応をしてくる銀行もあります。小規模な金融機関なら、残念ながら借入取引の店舗に足を運ぶ必要がある場合があります。

ネット銀行などオンライン対応の銀行ならば、オンラインと郵送で完結させるのですが、これが意外と注意が必要です。オンラインと郵送でやる場合、慣れない作業を行うことで間違いが生じる場合があります。1つの誤りが致命的な時間のロスを生む場合もありますので、注意が必要です。

店舗でやる銀行ならば手続きを店員の方と確認しながら進めることができるので、実は簡単であるともいえます。

決済当日のうごき

旧宅の売り決済

売りの決済は買主がローンを利用する銀行で行います。買主の指定する銀行となります。ネット銀行などの場合は、任意の場所を利用します。不動産業者、司法書士等の場合があります。

通常の決済に要する時間は通常は1時間くらいです。ただ、決済時間は、抹消書類の取得と続く新宅の決済の時間がありますので、余裕を以って設定する必要があります。旧宅決済のあと、新宅決済ために移動する必要があります。

そのため、たとえば、旧宅決済は9時に開始して10時終了とし、抹消書類を取得してから、新宅の決済を11時半くらいにするなどの工夫が必要です。慌ただしい1日となります。

抹消書類を取りに行く

抹消書類を司法書士と同行して取りに行きます。通常、抹消書類は司法書士が代理受領ができますが、至急同日決済の場合では、この対応はできません。

新宅のローン銀行で、完済を示すの計算書や証明書を提示する必要があり、これを旧宅の銀行からもらう必要があるからです。

大手銀行ならば抹消書類は希望する支店に転送をしてくれますので、旧宅決済の銀行に近く、買い決済の銀行の動線上で場所で受け取ることができるように手配しましょう。

小規模な金融機関なら、借入店舗に足を運ぶ必要がある場合があります。また、ネット銀行の場合には、抹消書類の受領場所が限定されています。いづれも受領場所がこれが遠方だと同日決済は対応できない可能性がありますので、時間の見積もりは慎重に行わねばなりません。

どうしても完済日当日に受領場所で受領ができない場合は、抵当権抹消登記手続きを抹消銀行が指定する司法書士へご依頼する必要があります。これを受け入れるかどうかについては、買主との協議が必要となります。

新宅の買い決済

抹消書類は司法書士に渡して旧宅の抵当権抹消をしてもらいます。ここで司法書士とは別れて、つぎに買主としてご自身がローンで利用する銀行に移動して、通常通り、買いの決済を行います。

抹消銀行で受け取った計算書を、新宅のローン銀行に提示します。

決済後の動き

決済後、旧宅ローンの抹消登記の申請書の控えを、司法書士から受け取っていただき、買い銀行にエビデンスとして提示します。

所定の猶予期間に退去をして、新居に移動しなければなりませんので、引っ越し業者の決定は早々に行ってください。

この記事の作者

2010年から(株)ロータス不動産代表。ヤマト住建(株)等OB。宅地建物取引士、公認不動産コンサルティングマスター他。早稲田大(法)95年卒。在学中は早大英語会に所属。

「売却の流れ・手続き」のおススメ記事

(株)ロータス不動産について

株式会社ロータス不動産
東京都台東区蔵前1丁目8番3号 TEL)03-5809-1630 FAX)03-5809-1541
総武線浅草橋・浅草線蔵前が最寄です。秋葉原、新御徒町、東日本橋の各駅もアクセスが便利です。

ロータス不動産は2010年創業で着実に実績を重ねてきました。「ロータス」とは英語で「蓮の花」のことで、よく智慧や慈悲の象徴されます。綺麗ごとだけではない不動産の世界でも、良い水先案内人として、美しい花を咲かせる存在でありたいという考えています。

ロータス不動産のSNS

記事アーカイブリンク

不動産購入売却の知識のカテゴリご覧になれます。

カテゴリーリスト

記事のトピック