高額査定の意図と弊害

公開日: 更新日:
高額査定の意図と弊害』のまとめ

不動産の査定は約束価格ではありません。高額査定の目的は、とにかく人の欲に漬け込んで物件を売却を受託することです。けっして夢を持ってもらうためではありません。売れるかどうかはあまり関心はなく、むしろ「価格は後でイジメればいいや」ぐらいの考えです。

このページでは高額査定の意図と弊害についてご案内します。

高額査定の思惑

とにかく媒介を取る

akutoku

あえて売れる可能性が低い高額査定をする不動産会社があります。その目的は売却の委託を受けることです。とにかく物件をお預かりすることです。普通の一般個人は、高い査定をした不動産業者に委託したくなります。名前のある大手ならなおさらです。高額査定がでれば、期待も膨らみます。その期待につけ入るのが高額査定のミソです。

普通の人間であれば「言葉には責任がある」と信頼して、提示した査定価格は適切な売却価格だと思うものです。大手の看板がある会社であればなおのことです。しかしそこがミソで、うまくお客様の心に入り込みます。。この手法は大手も中小も関係なく、とりあえず高額査定を出しておけという会社は少なくありません。言ったもん勝ちの世界がそこにあります。

極言をすれば、仲介を行う不動産会社は売れても売れなくてもかまいません。お客様の失敗が業者の失敗ではないわけで、数多くのラインナップを抱えていれば、在庫からどれか売れればいいのです。中古車買取などと違い、不動産の場合は査定はあくまで予想です。単なる願望に過ぎないということは、肝に銘じる必要があります。

大切なのは根拠

異常な高額査定を見極めるのに、大切なのは根拠です。相場とかけ離れた金額を設定しても誰からも見向かれることはありません。買主であるお客さんと同じ目線に立てば、それはすぐにわかることです。ぜひ、不動産業者は成約事例と価格のデータベースにアクセスできます。要望すれば売却事例を見せてくれます。商談を進めるときには開示を請求しましょう。

※成約データベースは個人情報のカタマリなので、見ず知らずの方に見せることはできません。対面対応などを通して、不動産業者側からお客様のことを信頼ができる環境にあれば可能です。

価格は後で値下げ

さて、あまりに相場とはなれた金額設定で売り出せばどうなるでしょうか。現実にはまったく内覧依頼や引き合いはありません。しばらくすると、業者から連絡が入り、「販売価格が高いので内覧がない状況です。価格を下げましょう!」ときます。これが本来の作戦です。実際に市場に出して売主が現状を「理解させて」、売れる値段まで”下げ交渉”を迫って来ます。これを意図的・意識的に実践しています。かつて、筆者には、大手不動産会社にいた同僚がいたことがあります。大手の業務マニュアルには「とにかく高く査定をして委託を受けること」で記載されていると、その同僚から聞いたことがあります。

「確度の高い予想はこの価格。したがってチャレンジはこの価格。だからこの価格で売り出しましょう」こういう提案をする会社さんであれば、いいかもしれません。

ネット一括査定の利用

目立つことが重要なネットの一括査定

高額査定を謳うネットの一括査定をする不動産会社の思惑も同様で、まずは物件をお預かりすることが第一の目標です。査定をしている不動産業者さんは、課金を払って査定に参加しています。もちろん不動産会社がサービスをするのは、決して善意ではありません。査定を通して売却希望の方にアプローチして、媒介を取るのが狙いです。

ネットで査定が取れるカラクリ

当社も参加したことがありますが、ネットの一括査定は見込み客の紹介というカタチで、「査定依頼の反響1件あたりいくら」という課金をされます。不動産会社がお金を払うには理由があります。だいたい1査定を取得するのに5000円~1万円の費用を支払います。

問題なのはこの次のステージです。一括査定サイトは、システムの仕様上、複数の不動産会社を競わせる形をとります。売却の受託をするため、各不動産会社はライバルの査定を予想しながら自社の査定をします。つまり適正価格を提示する趣旨からは外れています。ぼやっとしていると他社に受注を取られます。このように提示金額が上がってきます。最終的には「売れない金額を提示する」ことなります。

不動産業者も振り回される?

いろんな一括査定サイトの運営会社さんから営業電話がかかってきますので、面白い提案がないか話を聞くようにはしていますが、一括査定には参加していません。騙すようなアクションはしたくないためです。ネットを活用した集合知が形成されるのは本来はいいシステムだと思います。今のところは、善意を発揮することができないシステムとなっているようです。真正直に査定していても受託を取れないので、当社は今では参加していません。

当社の場合は売却の査定・商談依頼は当社サイトの売却依頼で受けております。囲い込みをしないことで、適正な手法でスピード・高額売却を進める手法です。ロータス不動産の売却も、ご検討ください。

「売却仲介業者の裏側」関連記事

売却仲介業者の裏側

複数の仲介業者に売却物件を広告してもらう方法

複数の不動産業者に広告を出稿しれもらう方法の2つあり、その1つは一般媒介の活用です。 もう1つの方法は、他の業者からも...

「専任返し」の弊害と見分け方

専任返しとは、買取業者の物件仕入のとき、返礼として、商品化した物件の売却を、通してくれた仲介会社に再販売を任せることです...

よくあるご質問【売却サービス編】

売却仲介の依頼に関するよくあるご質問について、販売活動に関するものと仲介手数料に関するもののの2つに大別して、ご紹介とご...

売却でダメな不動産業者を見分ける

売却を依頼するにあたり避けたほうがいい業者は、「売却の間口を狭くする」業者です。特定の事情があれば別ですが、物件情報の【...

不動産の囲い込み

囲い込みとは売却の依頼を受けた不動産業者が、他の不動産業者からの買主紹介を意図的に制限することです。 売主をダマして、...

仲介手数料無料のデメリット・落とし穴(売買)

ご購入で仲介手数料無料のサービスを利用するには、物件により「利用できる」「利用できない」の差が生じるだけです。お気に入り...

売り止め

「売り止め」とは、不動産情報としての物件情報は出ていますが、販売を一時中断している状態のことです。売り止めそのものは、通...

投函チラシで「売り物件募集」が多い理由

買主対応は他の仲介業者のライバルも多いため、不動産仲介では売り物件を持つ方が効率が高いと考えらています。 売却受託をと...