物件状況報告書・付帯設備表とは?

「物件状況報告書・付帯設備表とは?」のサムネイル

物件状況報告書・付帯設備表とは、中古住宅売却に際して、売主にしかわからない情報について、買主に提供していただく情報を記載するための書類です。

書式は不動産業者が用意しますが、売主の言明責任を明確にするため、売主の名において作成されます。

いわゆる「言った・言わない」の基準になるものです。

公開日: 更新日:

物件状況報告書・付帯設備表とは、「告知書」ともいいますが、中古住宅売却に際して、売主にしかわからない情報について、売主名義による作成により、買主に提供していただく情報を記載するための書類です。

ほとんどの不動産契約では、契約不適合責任について、通常の不動産の契約では、『売主は知っても知らなくても責任を負わねばならないが、伝えたことについては免責される』という条項があるはずです。これにより、契約の目的物(物件)の状態を正確に伝えるインセンティブが生まれます。

マンションや一戸建てなど、実際に物件を利用し、生活を行う売主と比べると、買主はもちろん、不動産業者でさえ、情報の非対称性があるというのが実情です。そのため、不動産業者が調査を行い、説明をする「重要事項説明書」だけでは、どうしても行き届かない部分があります。告知書はこれを補うものです。

告知書は法定の書式ではないため、重要事項説明書と比べると軽く見てしまう業者もお客様もいますが、売主に対して不動産業者が本書の作成を正確に行うことを促すことで、不動産業者としての調査義務の一環をなしたと認めることができる判決は多くあります。このようなことがあることからも、軽く見てはいけない書類と言えるでしょう。

さらに物件状況の報告を行うために、より正確性・客観性を期待できるものとして、「建物状況調査」(インスペクション)というものがあります。

「不動産売却のマインド」のおススメ記事

不動産売却のマインド
不動産の一件資料は売れ行きも左右する
不動産の囲い込みの対策をして売却を依頼する方法
違法建築か調べる方法
中古マンションの売却期間の目安
電車・バス等の所要時間
塩漬け不動産
現状有姿売買
事故物件の不動産売却
マンション・一戸建てを瑕疵担保免責で売却する
住宅の売主にとっての価格設定や交渉
マンション・一戸建ての価格査定の見方と進め方
未成年者の不動産購入と売却
住宅売買の登記と登記費用
大手の施工業者なら安心か??
築古マンションのメリットやリスク
秘密でマンション・一戸建てを売却する方法
住宅売却相談の予備知識をお伝えします
家が売れないときにどうするか・・・原因と対策
急ぎで不動産を売るには?
リフォーム・リノベーション中古物件のメリット
新耐震と旧耐震のちがい
借地権のマンション
再建築不可の土地と資産性について
告知事項ありとは?
契約不適合責任と免責
R1基準・適合リノベーション住宅
自主管理のメリット・デメリット
マンションの構造

記事アーカイブリンク

不動産購入売却の知識のカテゴリご覧になれます。

カテゴリーリスト

記事のトピック