元付業者と客付業者

2社で1つの取引を成立させることを、共同仲介といいます。

元付業者とは共同仲介における売主側の業者のことです。

客付業者とは共同仲介における買主側の業者のことです。

公開日: 更新日:

共同仲介

不動産の仲介業務はは複数の業者が一つの取引をまとめることができます。このような形態を共同仲介とといいます。これに対して、1社が双方の取引に関与することを単独仲介といいます。

個人向けの住宅や不動産の売買においては、通常は2社までです。レインズなどのような情報交換のシステムがしっかりしているからです。2社の仲介業者が存在するため、区分けするため、「元付」と「客付け」という概念に分かれます。

なお、理論上は3社以上の仲介業者が関与しても共同仲介の取引は可能です。マンション用地などの大型の事業用地では、3社以上の業者が関与することが発生する場合もあります。

元付業者と客付業者

1つの取引が共同仲介でまとめられるとき、売主側の業者、買主側の業者、それぞれ対応する言葉があります。

元付業者

元付業者とは売主側の仲介業者のことです。売主から売却の委託を受けており、客付業者から買主の紹介をうけます。賃貸であれば貸主側の仲介業者をいいます。

通常の元付業者の仕事としては、物件情報を調査することです。調査した内容を発信して、提供することも含まれます。売主側に立って、売主の権利を守るのも元付けの仕事です。

売主は元付業者に対して仲介手数料を支払います。当社が元付業者になることもできます。当社が元付業者となって一般市場に売り出す場合には、仲介手数料半額です。

元付、物元ともいいます。なお、関西では値付(ねつけ)といいます。

motoduke
元付業者は客付け業者にむけて物件を公表する

客付業者

客付業者とは買主側の仲介業者のことです。客付業者は元付業者に対して、買主の紹介をします。共同仲介だけでなく、不動産業者である売主に対して買主を紹介する場合にも、客付と言います。

買主は客付業者に対して、仲介手数料を支払います。当社が客付業者となって物件購入のお手伝いをする場合には、共同仲介であれば、仲介手数料半額で、売主業者に紹介する場合には、仲介手数料無料です。

客付業者の仕事としては、物件の説明、住宅ローン、名義変更の登記などの手続きの手配などが挙げられます。買主側に立って、買主の権利を守るのも客付けの仕事です。

客付業者
客付業者は売主に買主を紹介する

リノベーション住宅、建売住宅、一部の中古住宅などで出てくる広告可の物件の広告を掲載しているのも、客付業者が行っています。

シェアしていただけますと幸いです。

「不動産売買の流れを知る」のおススメ記事

不動産売買の流れを知る
不動産(マンション・戸建て)の売買契約の前の準備について
不動産契約の「重要事項説明書」を実例で全部解説
新築住宅の建築中に準備しておくべき手続きと書類
遠方から不動産の購入や売却は可能か?
購入の流れを不動産会社タイプごとに比較
オンラインバンキングを活用した不動産決済
購入申込書(マンション・一戸建て)の書き方
物件を押さえる
不動産決済の流れと作業
ご転居前の作業や手続きのご案内
現金で住宅(マンション・一戸建て)購入する流れ
共同仲介と単独仲介の違い
新築戸建の購入手続き(流れ)
不動産売買契約での重要事項説明の意義や目的
中古住宅(マンション・戸建て)の購入の流れ
中古マンションの商談の流れ(申込・契約・キャンセルetc)

記事アーカイブリンク

不動産購入売却の知識のカテゴリご覧になれます。

カテゴリーリスト

記事のトピック