りそな銀行の電子契約タイプの契約の流れについて

「りそな銀行の電子契約タイプの契約の流れについて」のサムネイル

りそな銀行では通常の書面・店頭による住宅ローン契約のほかに電子契約にも対応できます。

電子契約は完全にオンラインで完結するタイプと、店頭で銀行の方に案内を受けながら行うタイプがあります。

決済は実店舗で行います。店舗は取引店の場合とローンセンターの場合があります。

仲介手数料の見積もり、物件相談、購入のご相談をLINEウェブサイトから対応しています。

公開日: 更新日:

電子契約による金銭消費貸借契約(金消契約)

りそな銀行では、電子金消を用いると、不動産業者のローン申込でも、オンラインでローンの契約ができます。電子なりのメリットがあり、対応できる方には大変便利でおススメできます。

netbanking

電子金消とは?

電子契約による金銭消費貸借を略して、電子金消と言っています。

電子契約とは、契約成立の手法として、情報提供・交換をインターネットなどを用い、契約成立・合意成立の証拠として、電子署名やタイムスタンプを付与した電子ファイルを利用するものをいいます。

金銭消費貸借契約(金消契約:きんしょうけいやく)とはローン契約のことです。つまり、住宅ローン契約をネットを用いて行うことを言います。

大銀行では書面(紙面)をもちいるのが基本でした。今サイトでも、ソニー銀行などの例を説明していますが、電子契約で金消を行うのは、ネット銀行の独壇場でした。

そういったなかで、大手銀行でも電子で対応できるところも出てきていて、りそな銀行が対応しています。電子契約は紙面によらないので、印紙代が不要なのがメリットです。

りそな銀行の電子契約

りそな銀行の電子契約では、自宅でスマホを利用しながらできる「完全オンラインタイプ」と、店頭で係員の案内を受けながら行うことができる「店頭タイプ」があります。

難しい文言を読み込んだり、オンラインに慣れているのであれば、完全オンラインタイプのほうが気楽です。場所を選ばず、時間を選ばず対応可能です。銀行営業時間外の定休日でも深夜でもできるのは、忙しい方には大きなメリットです。

店頭の電子契約は、契約内容の文字数が多いことに困惑したり、手続き・作業の順番などに不安がある場合には、店頭タイプが良いでしょう。店頭タイプの金消は、係員の案内を受けながら、銀行が所有するタブレットで進めることができます。

いづれに電子契約も印紙代が不要です。一方で、銀行所定の電子契約手数料というのが必要です。店頭タイプですと11,000円(税込)で、完全オンラインタイプですと5,500円(税込)です。

busy_businessman

日頃忙しい人にはたいへん便利

契約準備

電子契約の作業は、どんなに遅くとも、決済日の2週間前には完了させなければなりません。

条件の確認

まず、事前に関係者と相談して決済日確定させなければなりません。決決済日が確定したら、銀行担当者に通知します。

決済日の設定の通知を受けると、銀行内部では不動産業者担当のローンセンターからネット担当のローンセンターに引き継がれます。「電子契約利用の同意」「ガイドの視聴」「内容の確認」の情報が参りますので、その確認をお願いします。

債務者・保証人等ご関係者さま全員のお手続きが必要です。ただし、保証人さまは正式審査完了後にお手続きが可能となります。

ID情報などの送付

確認をしていただくと、契約のID+パスワードと、本人認証のPINコードを受け取り、このパスワード類をもって、電子契約ができるようになります。

ID・パスワード通知は郵送にて送付がされてます。ID・パスワード通知書は本人限定受取郵便(特定事項伝達型)です。お受取りには顔写真付きの本人確認書類が必要です。店頭型電子契約の場合は店頭にてお渡しします。

また、別建てのSMS(ショートメッセージサービス)でPINコードが送信されます。

web契約の開始と決済準備

この作業は、どんなに遅くとも、決済日の1週間前には完了させなければなりません。

電子契約

準備が整うと、メールで電子契約への署名依頼の通知なされます。eメールに表示されているURLから電子契約サービスにログインしてください。

売買契約書と手付金領収書は住宅ローンナビでアップロードします。

ID・パスワードを入力、PINコードを入力、契約内容をご確認いただき、電子署名を行ってください。店頭電子契約の場合は店頭のタブレットを使って行いますので、ローンセンターの係員の案内を聞きながら行います。

なお、電子契約においては書面が必須の抵当権設定契約できませんので、後日改めて行います。通常は決済日に行うことになります。

決済準備

りそな銀行では、金消は電子でも、決済は実店舗にてマニュアル(手作業)にて行います。このあたりはネットとリアルのハイブリッドみたいな感じですね。

決済日の対応

金銭消費貸借契約とは別に、抵当権設定契約を行います。これでローン契約は完成です。

抵当権設定契約

ご融資対象物件(土地と建物)に抵当権を設定するためのご契約をしていただきます。通常は結佐日に行うことが多いのですが、司法書士の先生の対応が可能なら別日でもかまいません。

当社が案内した案件の場合には、多くの場合は決済時に、決済開始時間より少し早め(20分程度)にお越しいただき、銀行にて行います。これはぶっつけ本番になりますので、指定された書類については、絶対に忘れないように気をつけてください。

決済

決済場所は原則として取引店にて決済を行います。ただし、取引店が住宅ローン業務が不得意だったり、当日の案件が多数の場合には、ローンセンターで行います。

残代金の振込送金は伝票方式で行います。現金にて払い出す資金は銀行のATMもしくは窓口カウンターを用いて行います。多くの部分では通常の銀行と変わりませんので、詳しくは不動産決済の流れという記事をご覧ください。

決済後、業者や売主が立ち去ったと、銀行から諸々の確認があります。利率の条件として提示されている取引項目の確認などを行います。

銀行ブース
りそな銀行の視点の例

この記事の作者

2010年から(株)ロータス不動産代表。ヤマト住建(株)等OB。宅地建物取引士、公認不動産コンサルティングマスター他。早稲田大(法)95年卒。在学中は早大英語会に所属。

「ローンの手続のこと」のおススメ記事

(株)ロータス不動産について

株式会社ロータス不動産
東京都台東区蔵前1丁目8番3号 TEL)03-5809-1630 FAX)03-5809-1541
総武線浅草橋・浅草線蔵前が最寄です。秋葉原、新御徒町、東日本橋の各駅もアクセスが便利です。

ロータス不動産は2010年創業で着実に実績を重ねてきました。「ロータス」とは英語で「蓮の花」のことで、よく智慧や慈悲の象徴されます。綺麗ごとだけではない不動産の世界でも、良い水先案内人として、美しい花を咲かせる存在でありたいという考えています。

ロータス不動産のSNS

記事アーカイブリンク

不動産購入売却の知識のカテゴリご覧になれます。

カテゴリーリスト

記事のトピック