中古住宅購入の流れについて

このページでは、中古マンションの購入の基本的な手順をご説明します。

「基本的な流れ」
中古住宅購入の流れ

前段階

家探しの前段階では、家探しと資金計画の立案を行います。

購入申込

購入希望の家が定まると、商談は、申込からスタートです。

申込は契約ではありません。

日程や契約内容など具体的な売主との具体的な相談を、仲介人経由で進めることになります。

ローン事前審査・資金計画の再確認

ローンご利用の場合は、売買契約の前に、金融機関のローン事前審査(仮審査)を受けていただきます。ローンの可否などが確認できます。

融資希望資金の申込内容をだいたい確定させます(売買契約後でも、売買契約に影響がない限り、資金計画は変更はできます)

メガバンク・有力地銀での事前審査であれば、本審査でキャンセルされることは極めてまれです。

以前、大手銀行のローンの審査をされたことがある場合はお知らせください。信用力があることが明確ですので、以降の流れがスムーズです。他の金融機関の場合はご相談ください。

ローンの審査は当社でも代行できます。

ローンの審査の時間を利用して、当社では不動産仲介人としての、宅地建物取引主任者の「重要事項調査」を行います。

重要事項説明・売買契約

宅地建物取引主任者の「重要事項調査の説明」をご確認いただきます。物件の内容をご理解いただきます。

最終的なご意志を確認で問題がなければ売買契約です。

当社では、重要事項の調査中でも、契約の意思にかかわるほどの重大な事項が発見・確認できれば、調査中でも随時お知らせを入れております。そのため、お申し込み後でも、お客様はご不明点を解決する時間がございます。

詳しく説明を受けたいポイントは、事前にお申し出いただくといいでしょう。

ローン本申込

売買契約のあと、住民票などの申込書類をそろえていただき、ローンの本審査です。

ローン承認・ローン契約

ローンの承認が出ると、ローン契約の準備です。ロー
ン契約に向けて、再び住民票などをご用意いただきます。

この段階ではローンが謝絶されることは滅多にありません。具体的な引っ越しの依頼や家具・家電の
手配など、お引っ越しの準備を進めていただいて大丈夫です。賃貸住宅にお住いの場合は解約の準備に入っても大丈夫です。

 

引渡し・決済

期日を打ち合せて、お引渡しと決済を行います。

決済の場で、精算金を支払います。残代金を支払います。諸費用のうち多くの部分を支払います。

引渡し(決済)は金融機関で午前中・午後一番に行うのが一般的です。

金融機関からの融資資金が振り込まれたあと、すぐに振込送金などの方法で残代金を支払います。引渡し後はお客様の所有権になります。つまり、いつでも入居ができます。

名義が変更された書類が届くのは後日です。およそ1~2週間後です。