大手の施工業者なら安心か??

公開日: 更新日:
大手の施工業者なら安心か??』のまとめ

大手ゼネコンならば施工管理の体制はしっかりしていることがあり、いくらか安心の可能性は高まるかもしれません。

いづれアフターサービス期間は終了はしますし、品質の責任を負うのは分譲業者ですから、施工業者を気にする人は多いと思います。

中古マンションの販売実務では、施工業者を気にする人は少数派であるように感じます。

この記事のトピック:

このページでは大手の施工業者なら安心か??についてご案内します。

分譲業者と施工業者は違う

責任を負うのは分譲会社

日本の住宅分譲のシステムは、まず不動産会社というのがいて分譲を企画・実行します。その会社が発注する先として施工会社がいて、下請けとして位置づけられます。品質の確保を促進する法律では、新築や中古の10年保証の期間内には、アフターサービスの範囲内です。アフターサービスについて、直接、購入者(入居者)に責任を負うのは売主(分譲会社)になります。施工会社は分譲会社に対して責任を負ってはいますが、「適切な施工をすること」以上の責任はありません。たとえば、地盤に関する事項などは、分譲業者の範疇になる可能性が高いと思われます。また、管理会社は維持管理をしているだけですので、こちらも無関係です。

ゼネコンの仕事

それでは、ゼネコンの仕事は何でしょう。ゼネコンの仕事は工事の統括です。ゼネコンは日本語では「総合建設業」といいますが、ゼネラル・コンストラクターを略してゼネコンと呼びます。建物の工事は多岐にわたります。まず、建築、設備、その他に分かれ、建築は躯体、内装にわかれます。建築は昇降機、給排水などに分かれ・・・とドンドン枝分かれしていきます。それぞれの業者は専門性を持っています。これらの専門施工業者を統括するのがゼネコンの仕事です。

それでは具体的にはゼネコンは何をしているかというと、取り纏めの仕事をしています。総監督として、進行管理、予算管理、安全管理を行っています。実は、ひとくくりにゼネコンと言っても、工事実績に得意分野があり、建築と土木で得意が分かれています。

ゼネコンの「組」

ゼネコンでしばしば見る「組」という社名ですが、これは反社会勢力とは関係はありません。かつて、江戸時代からの話ですが、親方とその配下の職人が形成する施工者チーム「組」といっていましたが、個人事業の大工の親方を発祥とすることが多い日本のゼネコンではそのまま伝統として受け継いでいるものです。他に、港湾荷役業者にも、このような伝統があります。いま、かつての反社会勢力で「組」という呼称が多いのは、かつて、取り締まりから逃れるために請負業者の看板を掲げるようになったからというのがいきさつであるようです。そのため、まっとうな工事業者は反社会勢力とは無関係です。

大手の施工業者なら安心か

実際の中古住宅の販売現場では、下記のスーパーゼネコン5社に該当すれば、一つのセールスポイントになる傾向はあります。しかし実際にはスーパーゼネコンの「作品」は多くはありませんので、施工業者を気にする人は少数派であるように感じます。完成してからしばらく経過していますので、実際に居住をしていて「稼働」の実績があります。また、時間が経過すれば、アフターサービスは無関係になってしまいます。

大手の施工管理体制

大手ゼネコンならば、ヒューマンエラーを防ぐ仕組み、多重のチェック体制などで、施工管理の体制はしっかりしていることがあり、可能性としては安心度の可能性は高まるかもしれません。ただ、その分コスト高でもあります。とはいえ、実際の仕事をするのは専門施工業者であり、施工の良しあしは専門業者の技術力・丁寧さに依存します。そして結局のところ、ゼネコンが発注する先は同じです。ゼネコンよりも優れた専門業者を確保できたかどうか、つまり発注時の予算の潤沢さが影響するかと思います。

スーパーゼネコン

スーパーゼネコン:完成工事高上位5社。マンション建築に限らず手広く手掛ける。技術力が高い。スーパーゼネコンは特段マンションに頼らなくても多様な収入源があります。平たく言うと、「仕事を選ぶ」という傾向があり、小規模な物件などは採算で選別しているようです。大手分譲業者とタッグを組んで、都心や駅前一等地などのグレード感がある物件多いです。小規模な物件でその名前を見ることは少ないはずです。物件がもつ「風格」なども、安心感と感じてしまっているのかもしれませんね。ただし、進行管理は厳しく、一般的には良質な下請けを抱えています。

スーパーゼネコンとは以下の業者を指します。