未公開物件のメリット・デメリット

公開日: 更新日:
未公開物件のメリット・デメリット』のまとめ

当然、発信をしなければ存在しないのと同じですから、未公開で家が売れるわけはなく、「未公開物件」という表現は「宣伝文句」です。

特別扱いを受けた印象、つまり「優待感」こそ「未公開」という表現を用いる目的です。会って2~3回の業者が「あなただけ」と優待する理由はありません。

実際には、物件は割高なことが多く、「カモにされている」と気を引き締めるべき時です。

この記事のトピック:

このページでは未公開物件のメリット・デメリットについてご案内します。

ロータス不動産のサイトにおける非公開ページ(会員ページ)に掲載の非公開物件、公開を求められない物件で、原則として売主会社様の販売方針に基づいています。

そもそも「未公開物件」とは何か

「未公開」をアピールする不動産業者の本当の趣旨は、会員登録やお問い合わせのアンカー(とっかかり)です。未公開を「アピール」している不動産業者の広告・サイトは、だいたい以下の感じではないでしょうか。一例を挙げます。

水面下の未公開物件とは・・・
当社のみが限定して販売・仲介できる物件です。当社が独自のネットワークを駆使して仕入れた情報です。
会員登録が必要です。会員登録により、耳寄りな各種情報とご希望の物件情報をお届けします。

だいたい、以上のような感じが基本のフォーマットです。当社もサイト内でこれに近いことを記述していて「なんなの?」と思われてしまいますが、「売主さんの方針に依拠しています」とお断りしています。

最近は、「当社の未公開は本当の未公開」という記述も出てきました。基本は同じです。「未公開では売れない」「いい物件を特定の人に限定して安く売る理由はない」。これは厳然とした事実です。それを踏まえた作戦なのです。ちまたで未公開物件と宣伝している物件は、本当の意味では未公開とは言えません。まして「掘出し物」ではありません。

mikoukai

「あなただけ」という響きは気持ちがいいものです。これで高揚しているときは、ゴマをすられていると気をつけるべきタイミングです。2017年末以降、2018年には、詐欺まがいの投資マンション・シェアハウスが話題になりましたが、社会ステータスが高い人も(むしろ高い人ほどか?)、ころっとやられたというのが実情です。実際の「未公開」とは、それほど深い意味はありません。

「未公開物件」という言葉も、「あなただけ」という響きを強く呼び起こさせる言葉です。「未公開物件」の定義ですが、現状では、公正取引規約や法令などによる定義はありません。我々不動産業者が住宅などの小規模物件で「未公開物件」と言っている場合は主に以下のような物件です。

不動産業者が自らの判断で公開手段を制限する物件

一般的なのは個人の売主から委託を受けた不動産業者がとる対応です。主としてプライバシーの関係から公開を制限しています。このような物件も我々不動産業者は未公開物件といっています。こういった場合は委託を受けた会社だけが公開していますので、未公開物件などということがあります。しかし厳密な意味では未公開ではありません。よく電柱のステ看板に「未公開物件」などと違法な広告を見かけますが、そのような物件です。

つぎに一般的なのは、売主は不動産業者であり、その不動産業者が一部の仲介業者のみに広告展開をさせている物件です。広告をしている業者のほうが、手数料にありつける可能性が高まります。売主があえて広告出稿者を制限すると、仲介業者は歓迎します。「建売」「条件付売地」「リフォームマンション」で未公開と称する物件はこのパターンです。広告は他社にはしてもらいたくないだけで、客付けは歓迎されます。このような物件は、当社では会員情報として物件を掲載しています。このタイプも違法な電柱広告や投函チラシで見かける「未公開」の物件です。厳密な意味では未公開ではありません。

一社に販売委託をした物件

販売ルートを絞った物件も我々の世界では未公開物件ということがあります。仲介業者に多額の広告をかけさせる場合、売主は販売ルートをしぼって特命で1社だけに販売を委託する場合があります。特権的に1社だけが販売できる意味では、未公開とも言えますが、公開していることには変わりません。新築マンションと同じ事業スキームです。後述しますが、こういった物件は市場の評価に洗われないという方針をとっているため、おおむね割高です。

販売公開前、あるいは直後の物件

単に情報が広く伝達していない状態であれば、未公開物件のような錯覚になります。これまで、インターネットが日常生活に入る以前は、不動産情報は不動産業者が独占していました。消費者は不動産情報は不動産業者から得るものでした。このような時代の不動産販売戦略では、「未公開物件」というフレーズは容易に効果をもたらしました。しかし、多く情報が容易に伝達可能な状態になったいま、便利になった一方で、かえって氾濫するようになりました。実際には公開しなければ情報を伝達することはできませんから公開してるわけですので、堂々と「未公開販売」と言っているのは変な話です。

耳触りのいい「未公開物件」という言葉

人は耳触りのいい言葉しか耳に入りませんし、目に入りません。「あなた限定の未公開」と言われれば、特別扱いされたと感じます。たいへん嬉しい気分になります。そこに付け入るのが不動産業者の狙い目です。未公開物件と言われたらダマされている可能性を警戒してください。「未公開」と不動産業者が言っている物件は、実際には単に、「見学のルートが限定された物件」にすぎず販売上の演出にほかなりません。むしろ多くの市場の人の目を経ていない分、割高な可能性があります。

いまはインターネットで不動産を探すので、情報収集は容易です。インターネットでは似たような物件情報が多いのも実情です。情報自体は集めることが容易な状況です。希望の条件を限定すれば、探すべき物件はすぐに見尽くしてしまいます。そのため「未公開物件」自体は以前よりも重宝されます。お客様の側でも、未公開か気にされる方は、まれにいらっしゃいます。不動産は、公開せずに売れることはありません。

落ち着いて考えればそのことは十分に理解できます。買主が可能な限り安く買いたいのと同様で、売主はできるだけ高く、所有している不動産を売却したいものです。それなのに、売却委託を受けた物件を、インターネットに出さず、「未公開」と称して販売していたら、どうなるでしょうか。間違いなく販売委託を解約されます。ひどい場合は、法律的な背任を追及されるでしょう。このように、未公開物件という用語は、論理的には破綻していますので、「未公開物件」という存在は、人々の心の迷いが生み出した、インターネット時代には都市伝説と言えます。

次に、未公開物件の弊害を見ていきましょう。

未公開物件の弊害

作戦として出されている物件ですから、弊害というべきかわかりませんが、買主側には不利な側面もあります。

1.割高である

上記の通り、「未公開」というのは、販売上の演出にすぎません。しかし、この手の販売形態の物件なのですが、割高な価格であるのが実情です。とくに販売の仲介業者を1社に絞ったタイプは危険です。「未公開」という販売上の演出に説得力を持たせるためです。未公開にするのは、販売ルートを限定してお客様には他と比較させないのが目的です。「未公開」「当社だけ」という状況を作ります。「希少性」の演出をします。もちろん、この販売手法は売主も承知しています。このような手法により、お客様には他と比較しづらい状況をつくるのです。お客さんを囲い込みやすい状況を作る点では、分譲マンションのモデルルーム販売も、原理的には同じです。

2.アオリが利く

更によりよくないのが、アオリが利く環境へ、買主が自分自身で追い込まれていくことです。「あなただけ」と甘い言葉をささやき、他では買えないと訴えるわけです。消費者の冷静な判断を少しづつ奪っていきます。アオリが利いてくれば、お客さんは焦ります。勢いで申し込むようになります。それが不動産業者の狙いです。このような販売業者は「販売力」を売りにしている業者です。実際に問い合わせをすると、営業がしつこいはずです。実をいいますと、本当は売主は販売ルートを絞りたくなどありません。販売ルートが少数に絞ると、売れるスピード感が遅くなります。誰がやっても売れるような物件、割安な物件では、このような手法は不要です。
しかし、割高なのは売主が一番承知しているので、希少性の演出をして販売にプレミアム感を出して、割高な物件の販売にチャレンジするのです。

3.オトリ・ウソ広告

最近では少ないと思いますが、未公開物件云々をいう不動産業者の場合、物件そのものが存在しないおとり広告の場合もあります。
しかし、そうでなくても、表に出している情報が絞られています。とにかく反響を集めようと考えるのもこのタイプです。集まった名簿でどんどん営業をしようと考えるタイプといえます。

本当の意味での未公開物件

しかし、諸般の事情により公開をできない物件も、不動産取引の世界では存在するも事実です。本当の意味での未公開物件です。結論からいいますと、このような物件は買取業者(買取を専門とする不動産業者)に事業用として紹介されます。自分で言うのもなんですが、弊社も良心的な不動産業者のうちの1社を自任していますが、それでもやはり、一義的にはこのよう物件は、買取業者に紹介します。買取業者は利益になればどんな物件でも検討が可能ですので、個人のように条件を付けません。最近の価格上昇のトレンドにより、個人の価格認識に近づいてきています。個人は、どうしても以前の不動産価格のトレンドの印象に縛られてしまいます。不動産業者は判断が早く、資金力があります。つまり、スピード感がある検討が可能です。このように個人と不動産業者の情報環境は、購買力に圧倒的な差があります。さらにいうと、このような流通状態での「未公開物件」は取引上の瑕疵があることも多く、一般個人向けとしては、若干の問題があることが多いです。

「未公開物件」と言われても石っころの物件もあります。不動産業者の営業トークでも、訳アリ顔のヒソヒソ話で「未公開物件でたいへんお得です」と紹介する物件するならば、「なぜ不動産屋が買わないのか」と鋭く質問をしてみるべきです。

「不動産セールスの裏側」関連記事

不動産セールスの裏側

「やめた方がいい物件」をつかまない考え方

「デキル」不動産業者はご見学の順路を戦略的に構成して、物件を見せに来ます。×⇒×⇒○などは代表的です。 ポイントは「漠...

中間省略登記

中間省略登記とは、流通コストを節約するために、登記簿上は中間者Bを飛ばして直接移転登記をすることをいいます。 現在は、...

販売図面・物件概要の情報の裏を読み、よい販売図面を知る

物件概要には、物件の情報を詰めた情報のエッセンスであり、必ず書かなければならないことが書いてあります。 物件概要に記載...

成約済み・商談中・販売終了の物件が売り出されている理由

物件情報を最新の状態にするのは広告掲載業者の仕事ですが、法令では2週間に一回のペースでチェックを指導されているため、業者...

シツコイ不動産会社・営業マンの避け方・見分け方

親切そうに見えることが、シツコイ不動産会社・営業マンに共通する特徴です。「親切」に対する見返りを回収できる自信があるから...

物件理解の流れ(お問合せ時・見学時・申込時)

仲介業者が取扱う物件の場合、物件理解の流れは、キャッチアップする方式で行われます。仲介業者の取扱い物件の範囲は多様で、数...

不動産営業マンが「しつこい」「煽る」その事情

不動産業仲介の手数料は成功報酬です。接触頻度を高めようと努力するようになります。 入り口(広告や電話口など)で親切そう...

掘り出し物・激安のマンション・一戸建てはあるか?

「激安」「激トク」「掘出し物」「超優良」などを謳う物件があれば、警戒すべきサインです。 ボランティアで安く売る人も、高...

物件情報収集の進め方・流れ(ご購入)

お引越し時期が未定か明確かで動きは分かれますが、通常、手続きは1~2か月かかりますのでその期間を見越す必要があります。...

不動産における両手と広告可・広告不可

元付け業者が他の不動産会社にも「広告可」とすると、他の不動産会社は、売主と直接依頼はなくても、その物件の広告を出すことが...

価格交渉の急所について

マンション・一戸建ての価格交渉で心がけるべきポイントは「スピード」「真剣さ」と「協調性」です。 価格交渉は購入申込と一...

告知事項ありとは?

不動産広告のなかで「告知事項あり」という記述が存在している場合は、心理的な瑕疵(欠陥)の存在ですから、殺人、自殺、病死等...

マンション・一戸建ての申込が重なり、取り合い・横取りが生じる理由

決断力を持つ人が交渉権をゲットする、これが横取りと感じた正体です。 いいと感じた物件は他人もいいと感じるもので、物件は...

レインズ

レインズとは、不動産業者間専用の物件情報ネットワークです。 売却を受託した不動産業者はレインズに物件情報を掲載しま...

おとり広告の見分け方

おとり広告の目的はただ一つ。架空の物件で来店を促すためです。架空の物件で釣って、あとで料理をすればいいと思っているわけで...

売り止め

「売り止め」とは、不動産情報としての物件情報は出ていますが、販売を一時中断している状態のことです。売り止めそのものは、通...

あらゆる物件情報を調べる方法(売買物件)

完全網羅の物件情報が出ている消費者向けサイトはありません。 しかし、必ずどこかの不動産業者が、どこかで必ず広告を出して...

Q.他に物件はありませんか?

A.実は、「いい物件がない」というご質問は意外と深い問題が潜んでいます。 ネット、紙媒体、違法な電柱チラシなども含める...

価格改定関連の販売物件

価格改定に関する物件を販売中