オンラインバンキングを活用した不動産決済

公開日: 更新日:
オンラインバンキングを活用した不動産決済』のまとめ

不動産決済でオンライン送金も実施可能です。決済実務において、スマホなどオンラインで対応するケースは多くなっています。

オンラインで決済をする場合は、金融機関の機能で「送金限度額」「『至急扱い』の可否」をご確認ください。

代金や諸費用では、通常は現金でやり取りする項目に注意してください。「売買代金の一部」「登記費用」「仲介手数料」等の対応です。

このページではオンラインバンキングを活用した不動産決済についてご案内します。


Banking_online

オンラインバンキング利用する際の注意ポイント

オンラインバンキングを活用した不動産の決済は可能です。近頃は、フラット35やネット銀行など、従来型とは異なる金融機関の住宅ローンが多くなってきたため、銀行の店頭からの送金のほか、オンラインバンキングを活用する機会が多くなっているのが実情です。

送金限度額の設定

個人の送金限度額は50~100万円になっていることが多いのではないでしょうか。このミスが大変多くありますので、特に注意が必要なポイントです。不動産取引では高額送金を行います。筆者の経験では前日に気づいたなどにより、幸いアクシデントを逃れましたが、送金額・送金件数が取引に対応できるか、必ずご確認をお願いします。

この点は一般的な従来型の銀行は、書面による申し込みが必要なようです。ネット銀行は手軽で、送金限度額の引き上げはオンラインで直ちに可能な銀行が多いようです。

至急扱い

不動産の取引では売主側の口座に着金が確認できないと権利証を渡してくれません。そこで、不動産の売買決済では、「電信扱い」のなかでも、とくに、「至急扱い」を活用します。これならすぐ着金することが可能です。一般的な銀行では「至急扱い」といいますが、これができるかどうかが重要です。

どのオンラインバンキングでも至急扱い仕様であることがこれまでの筆者の経験です。ただ、すべての銀行でそうなのかは知りません。確実に至急扱いになるかどうか、しっかり確認しましょう。

なお、至急扱いではない単なる電信扱いですと、その日の営業時間中は着金するという取り扱いとなります。着金のお時間が読めないということは、決済終了の時間が読めません。実際に振込の挙動で試してみて、相手先の口座が表示されるのであれば至急扱いとなると思いますので、確認を怠らないようにしましょう。

現金金種を希望する場合

支払い方法・資金種別のことを、この世界の用語で「金種」と言います。売主の事情によっては、代金の一部の金種を現金で希望する場合があります。オンラインによる送金では銀行の店頭を利用しませんので、そのままだと手持ちの現金がない場合があると思います。

商談により売主が現金の交付を希望する場合には、別途、現金を持参する必要があるかもしれませんので注意しましょう。金種はとくに確認を怠らず、あらかじめ売主に理解を求めていただく必要があります。

ContentImag_onlinebankings

送金できない場合

今までの経験では送金ができなかった事態はありませんが、そのような事態がありますと、その時点で取引は後日延期となります。後日延期となりますと住宅ローンの契約は覚書の再締結、売買契約も同様です。大変な事態で、まさに「地獄」となります。これは、ひとえに送金する側のミスで、生じた損害等も送金者側が負担します。不動産業者・仲介業者は窓口の対応が経験的に読むことが可能な銀行の店頭を推奨すると思います。ただ、注意ポイントは上記の3点だけですので、しっかり注意をすれば問題はありません。しかし不安でしたら一般的な銀行を活用しましょう。

決済場所

決済では資金の送金以外でも、引き渡いに関連する書類の記入や点検、各種説明、手続きが行われます。落ち着いた空間であることが必要で、できればコピーなどがある環境が望ましいです。

不動産業者の店頭など

一般的な銀行の住宅ローンなら銀行の店頭で決済をおこないますが、オンラインバンキングでは、このような場所がありません。決済は、できる落ち着いた空間である事務所などで行うことが基本ですから、不動産業者の応接室、司法書士事務所の応接室、売主・買主の自宅や勤務先、ローン代理店の店頭(銀行ではありません)などで行うことが多いと思います。

経験的には、不動産業者の応接室が多いでしょうか。変わったケースでは、大規模マンション(タワーマンション)の接客ラウンジ、売買物件の室内、喫茶店といったケースもありました。これらも、関係者が合意をすれば実施可能です。

ローン代理店の店頭

ローン代理店を通した融資の場合はローン代理店の接客室を使うことを依頼できます。ローン代理店は銀行ではありませんので、資金があるわけではありません。扱いとては、不動産業者の店頭で行っているのとな時状態です。

「不動産売買の流れを知る」関連記事

不動産売買の流れを知る

遠方から不動産の購入や売却は可能か?

結論から申し上げると、マンションや土地の契約や決済を、遠隔地から現地に行かずに実施することは、制度上は可能です。当社でも...

元付業者と客付業者

2社で1つの取引を成立させることを、共同仲介といいます。 元付業者とは共同仲介における売主側の業者のことです。 客付...

購入の流れを不動産会社タイプごとに比較

営業系の不動産会社は、シツコイ営業をして、キメ物を売ることが得意です。押しに弱い方は、避けた方がいいかもしれません。 ...

購入申込書(マンション・一戸建て)の書き方

「購入申込書」を提示により住宅取得の商談、購入の流れが始まります。購入申込書の提示により契約の成立に向けて商談が開始され...

物件を押さえる

どの物件を購入するか、買主は自由に判断できます。これと同様に、売主も、自分にとって条件のよい売却先を選ぶ権利があります。...

不動産決済の流れと作業

決済とは契約によって発生させた取引を金銭の支払いをもって完結させる行為です。残代金を支払い、鍵と権利(権利証)を引き渡し...

ご転居前の作業や手続きのご案内

こちらのページでは、お引渡しが近づいた皆様へ、お引越し・ご転居でのワンポイントのご注意事項やご案内をご紹介いたします。...

不動産・住宅の現金取得の流れ

現金のご購入の手続き日数は、一般的には10日から2週間です。 段取りよく行い、売主の抵当権の解除が対応できれば、即日引...

共同仲介と単独仲介の違い

複数の不動産会社が、共同で仲介することを「共同仲介」といいます。1社で単独仲介することを「単独仲介」といいます。...

新築戸建の購入手続き(流れ)

通常では、新築一戸建て購入のプロセスは、申し込みから契約までが1~2週間、契約後引き渡しまでが、およそ1か月弱~1ヶ月半...

重要事項説明と売買契約について

宅地建物取引業法第35条の規定により、不動産業者は不動産の売買契約の締結に際して、重要事項説明として、物件の調査事項や注...

中古住宅(マンション・戸建て)の購入の流れ

物件が決まりますと、およそ1か月~2か月前後で最終の引き渡しまでの手続きが完了します。 基本的な大きなイベントは「申込...

中古マンションの商談の流れ(申込・契約・キャンセルetc)

中古マンションの商談は書面による申込からスタートします。申込により当事者関係に入り、細かい調整と確認作業に入ります。 ...