建売の主なメーカーやブランド

公開日: 更新日:
建売の主なメーカーやブランド』のまとめ

建売住宅の世界には、年間数棟の地元の工務店、数百棟の地域企業、年間数万棟のパワービルダーまで多様に存在します。

有力な業者では、グループや直営でプレカット工場(木材加工場)をもち、売主が自社で施工を行います。

販売は仲介業者を経由して販売することが標準です。

この記事のトピック:

このページでは建売の主なメーカーやブランドについてご案内します。

建売の主な業者名やブランド

建売の新築一戸建て

建売住宅とは一戸建の販売形態の一分野です。自分好みのデザインを最初から組み立てていくものが「注文住宅」というのに対し、売主にて建築確認を取得し、売主の管理のもとで建築されて販売されるのが「建売住宅」といいます。

建売は地場から大手まで

建売住宅・新築一戸建ての分譲は、年間数棟の地元の工務店、数百棟の地域密着企業、年間数万棟を超える大手まで多様に存在します。

主な業者名ブランドは以下のような会社・ブランドがあります。これらの業者売主の物件は仲介手数料無料になります。販売チラシの左上にはブランドが書いてあることが多いので、ぜひ確認をしてみましょう。

ブランド名 メーカー・業者名
リーブルガーデン 一建設
ハートフルタウン 飯田産業
ブルーミングガーデン 東栄住宅
グランファーレ

タクトホーム
クレイドルガーデン アーネストワン
リナージュ アイディホーム
メルディア 三栄建築設計
ケイアイ ケイアイスター不動産

パワービルダー

パワービルダーは飯田グループなどが有名です。パワービルダーとは、土地付き新築一戸建住宅を比較的低価格帯(2,000~4,000万円程度)で分譲する業者を指した言葉です。一般には100㎡程度の2~3階の一戸建てを一次取得者層をターゲットに建設しています。工務店としての機能(建設)と不動産業者としての機能(建売)の両方を備えています。

建設する戸数の多さ、スケールメリットを生かし、低価格で攻勢をかけています。なおパワービルダーという言葉自体は和製英語です。

「新築や中古の一戸建て」関連記事

新築や中古の一戸建て

私道負担(持分)の有無についてメリットやデメリット

私道とは個人が所有する道路です。公道に面する物件は気が楽なのは確かです。しかし丁寧に見分ければ、私道も恐れることもないこ...

建売のメリットとデメリット

購入の期間、ローンなどをシンプルに進めることができるのが建売住宅のメリットです。逆に、特定の特徴や個性を帯びた家を追求し...

マンションと戸建てのメリット・デメリット

マンションの良さは駅の近さ・利便性、ごみの出しやすさ等が挙げられます。 一戸建ての良さは日あたり・風通し、広さ等が挙げ...

新築戸建の購入手続き(流れ)

通常では、新築一戸建て購入のプロセスは、申し込みから契約までが1~2週間、契約後引き渡しまでが、およそ1か月弱~1ヶ月半...