メゾネットマンション

メゾネットマンションとは?

メゾネットは「複層住戸」ともいいますが、集合住宅で1つの住戸が2層以上で構成されているお部屋です。英語でも、maisonette(メゾネット)と辞書を引くと、「一戸用住居が2階式になっているアパート」とあります。

メゾネットマンションの良い点

メゾネットマンションの良い点は、いわゆる戸建て感覚です。専有面積が広く、ゆとりがあることです。

吹き抜けがあり、空間スペースが広く、天井高の高い物件が多く、開放感が高くなります。実際の面積よりもかなり広く感じることもしばしばで、なにより圧迫感がありません。その結果、採光が良く、明るい室内を実現できることになります。また採光の良さが暖房効果をアップさせることになります。

階層が上下階であるということは、自宅内が音の緩衝帯とすることができます。育ち盛りのお子さんがいる家庭では、上下階に気配りをする場面は少なくなるかもしれません。

SOHOなどでは、仕事空間と居住空間を完全にわけることができるでしょう。洗濯物は上階に干し、下階ではガーデンニングを楽しむ・・・などもできそうです。

メゾネットマンションの弱点

大空間が造形されているため、冷暖房効率が弱点となりそうです。冷気は下に向かい、熱気は上に向かいます。そのためエアコンの効きがよわくなるかもしれません。メゾネットでは2階はホットカーペットのみで過ごし、夏は冷気が1階にたまるので1階で過ごすという方もいるようです。

頻繁に階段の階段の上り下りを必然的にすることになるので、面倒である点があげられます。とくに掃除の場面での掃除機・バケツを持ちながらの上下動は、手間を感じさせるかもしれません(運動になるからよいと考ることができれば、苦に感じることは少ないのかもしれませんね)。

高い部分での清掃が手に届きにくくなる可能性もあります。上部にはハメ殺しの窓を設置することも多いのですが、手に届きやすい窓と比べ、おっくうになりがちです。照明の取付位置が高所にある場合は、設置交換に手間がかかります。大き目の脚立を使用するか、専門業者に依頼するかという方法になると思われます。できればサーキュレータ付の照明がいいかもしれません。

地下メゾネットですと湿気の問題も気になります。防水処理は適切に行えば問題はないのですが、地下の湿気は想像以上に多いものです。水害発生時の水の流入も気を付けなければなりません。