キャッスルマンション両国B号館

仲介手数料 無料・半額(売買)

東京都墨田区両国2丁目2-10

JR総武線両国駅 徒歩6分  
都営大江戸線森下駅 徒歩12分  

キャッスルマンション両国B号館は2駅利用可 です。

築36年6か月です(2022年10月の時点)。

両国2丁目2-10の賑やかな立地。

戸数31戸の中規模。

仲介手数料無料

紹介料無料・半額のサービスは、当社のサイトで掲載がないお部屋・物件でもご対応が可能です(⇒仲介手数料無料になる「からくり」)。

キャッスルマンション両国B号館について

外観・共用部・エントランス・周辺環境の画像

キャッスルマンション両国B号館外観2
キャッスルマンション両国B号館は昭和61年築、8階建てのマンションです。

キャッスルマンション両国B号館エントランス1
総武線「両国」駅、大江戸線「森下」駅が利用できます。

ローソン H墨田両国一丁目店
徒歩2分に「ローソン H墨田両国一丁目店」があります。

エンゼルファミリー 両国店
徒歩2分に「エンゼルファミリー 両国店」があります。

詳細情報やコメント

キャッスルマンション両国B号館は総武線他「両国」駅徒歩6分です。大江戸線他「森下」駅徒歩12分です。昭和61年築、8階建てのマンションです。

令和3年に大規模修繕工事実施しました。

耐震基準は新耐震で、です。

キャッスルマンション両国B号館は徒歩2分に「ローソン H墨田両国一丁目店」があります。徒歩2分に「エンゼルファミリー 両国店」があります。

キャッスルマンション両国B号館の特徴

キャッスルマンション両国B号館の物件概要

所在地
交通JR総武線 両国駅 徒歩6分 
築年1986年 4月築
規模・構造鉄骨鉄筋コンクリート  8階建て 総戸数31戸
新築時売主(株)田園信販施工田園建設(株)
土地権利所有権用途地域商業
管理形態全部委託 巡回管理会社(株)サニーライフ

キャッスルマンション両国B号館の相場と売却

キャッスルマンション両国B号館の相場(履歴)

リノベーションマンションの過去の売出履歴や、それから想定できる、実施前の予想価格、買取価格の情報です。キャッスルマンション両国B号館の売却、買い替えのお客様は、売却査定も承っております。広告がドンドン出る・囲い込みしない・割安な仲介手数料という新しい売却仲介です。

時期フロア面積リノベ物件
相場
(履歴・万円/㎡)
通常状態の
相場
(想定目安・万円/㎡)
買取の相場
(想定目安・万円/㎡)
棟名備考
2022/81階 約50㎡ @73.64 @62.6 @43.9 キャッスルマンション両国B号館3698万円
2022/71階 約50㎡ @75.27 @64.2 @45.1 キャッスルマンション両国B号館3780万円
2022/51階 約50㎡ @77.26 @66.2 @46.6 キャッスルマンション両国B号館3880万円
2022/51階 約50㎡ @77.26 @66.2 @46.6 キャッスルマンション両国B号館3880万円
2022/51階 約50㎡ @79.25 @68.2 @48.1 キャッスルマンション両国B号館3980万円

キャッスルマンション両国B号館の売却

ロータス不動産の売却仲介は、広告がドンドン出る、囲い込みしない、割安な仲介手数料という新しいタイプの仲介です。

お客様サービスの一環として、不動産売却の知識をメールでお伝えしています(利用料無料)

過去の掲載物件:キャッスルマンション両国B号館

こちらの事例物件は成約となりましたが、当社ではほかにも仲介手数料もしくは半額で物件を紹介・お取り扱いしております。

過去掲載物件/ 1階 / 50.22m² 

所在階
1階
間取り
1SLDK
専有面積
50.22㎡
バルコニー
7.46㎡
管理費
11310円
修繕積立金
12450円

・「キャッスルマンション両国B号館」は安心の新耐震基準マンションです。
・内装はフルリノベーションです。

キャッスルマンション両国B号館1階間取図
【間取図】キャッスルマンション両国B号館1階※過去の掲載物件

キャッスルマンション両国B号館の周辺環境

住所:墨田区両国2丁目2-10

地図

学校区 小学校:墨田区立両国小学校(5分) 中学校:墨田区立両国中学校(13分)

墨田区の災害マップなど

墨田区水害ハザードマップ
墨田区防災マップ

両国のマンション

販売中の物件

両国エリアの販売物件情報(仲介手数料無料・半額)(戸建ても含む)

販売中のマンション

両国の中古マンションカタログ

両国の中古マンション(キャッスルマンション両国B号館の周辺)もご紹介・ご相談可能です。

手数料無料の参考記事

仲介手数料無料とは『売主から仲介手数料無料を受領することで買主分を免除する』というビジネスモデルで、当社の判断にて行っているものです。手数料がリーズナブルだけでなく、「しつこい営業をしない」「確実な仕事」など誇りにしています。

更新