メールで説明

赤道(あかみち)とはかつて道だった土地のことです。せきどうではありません。それこそ、明治時代から使われた和紙の公図では、赤色で着色されているため、赤道と呼ぶようになったそうですが、江戸時代とか、明治時代とか、大正時代とか、人が往来していたのでしょう。里道などともいいます。

その道が、所有地の一体利用を阻害する形で存在しています。

今までの経験でも青道というのも赤道も見たことはありますが、それこそ切れ端のような土地なので、事実上「物置や自転車置き場にでも使ってください」というような土地ばかりでした。実際に貫通していて公図上明確な道として認識されるがごときものは、公共財なので、草ぼうぼうでも簡単に払い下げともいかないようです。なるほど。

そういったことを、メールや電話で説明していました。

このエントリーに関連するサービス

仲介手数料が最大無料
中古マンションなどが仲介手数料無料・半額 | ロータス不動産
リノベーション住宅、新築一戸建てなら手数料無料です。居住中物件、共同仲介物件なら半額と仲介手数料が安くなります。
https://www.lotus-asset-and-property.com/fee-counting

他の関連記事

スタッフブログの一覧へ

当社のご紹介

(株)ロータス不動産について

株式会社ロータス不動産
東京都台東区蔵前1丁目8番3号 TEL)03-5809-1630 FAX)03-5809-1541
総武線浅草橋・浅草線蔵前が最寄です。秋葉原、新御徒町、東日本橋の各駅もアクセスが便利です。

ロータス不動産は2010年創業で着実に実績を重ねてきました。「ロータス」とは英語で「蓮の花」のことで、よく智慧や慈悲の象徴されます。綺麗ごとだけではない不動産の世界でも、良い水先案内人として、美しい花を咲かせる存在でありたいという考えています。