中古マンションの仲介手数料が最大無料

リノベマンションや新規新築一戸建てなら仲介手数料が最大無料

仲介手数料が最大無料です
ご検討の住宅がリノベーション住宅、新築一戸建てなら手数料無料です。居住中物件、共同仲介物件なら半額と仲介手数料が安くなります。オンラインで仲介手数料をお見積りや購入相談をいたします。

ロータス不動産ってどんな会社?

東京のブルックリンとも呼ばれ、おしゃれなカフェも増えてきましたが、まだ下町の雰囲気も残る「蔵前」に、ロータス不動産はあります。

小さいとはいえ、当社は仲介手数料無料のビジネスモデルを行う最古参の1社であり、10年以上の実績があます。良心的で確実な仕事を心がけています。東京で活動する大手銀行(メガバンク)と取引をいただいており、ローン付け(代行)が可能です。

また、東京都から免許を受け、業者番号(3)となった業者でもあります。

会社の概要

社名株式会社ロータス不動産
代表者名代表取締役 春日 秀典
住所〒111-0053 東京都台東区蔵前1丁目8番3号2階
TEL&FAXtel)03-5809-1630(代表)
fax)03-5809-1541
免許番号・所属団体東京都知事免許(3)第91587号
(公社)全日本不動産協会
(公社)不動産保証協会

アクセス

最寄り駅は総武線「浅草橋」、浅草線・大江戸線「蔵前」です。山手線・京浜東北線・日比谷線「秋葉原」、TX線「新御徒町」からもアクセス良好です。

CIMG5796

購入対応動のレポート(ブログ)

活動状況をブログ情報で掲載しています。ご購入の参考にごらんください。

2021年06月12日

ズームで顔合わせ

2021年05月27日

決済で川口へ

2021年05月25日

決済の準備

2021年05月23日

購入フォロー

仲介手数料が無料にできる理由

「仲介手数料無料」ってどういうこと?気になる事項をご説明します。

手数料無料になるのは売主様の分があるから

手数料無料となる理由はシンプルです。「業者である売主様から手数料をいただき、買主様に対して免除する」です。これがビジネスモデル(カラクリ・理由)です。いわば、広告代わりに売主様は手数料を払うという構図です。


仲介手数料無料ビジネスモデルの関係図

売主が業者の場合、仲介業者はレインズのような不動産業者間の専用ネットワークを通して、売主と商談をしています。また、これまでの取引による人脈など、有形無形のネットワークで、売主からも仲介業者は販売協力を呼びかけられています。

リノベ住宅
キレイなお部屋は仲介手数料も無料です。

ネット広告などで経費を節減する

会社の規模と比べて、当社は非常に多い集客を実践しています。これらは当社では検索エンジン最適化・ネットを中心とした広告により可能な手法です。

仲介手数料無料とはいえ、実際に受領する仲介手数料は共同仲介の片手側の手数料と同じです。その意味では適切な利潤をいただいていますのでご安心をいただければと思います。

経費を抑えて仲介手数料無料に貢献

しつこい営業をしない

「しつこい営業」(人件費)は一切やりたくありませんので、過剰な経費をかけなません。

世間のイメージと裏腹に、不動産仲介業は費用が結構かかる商売です。見た目を見栄えよくしておけば、なんとなく信頼されてしまうからです。

しかし、見栄えのための経費が、すべて、「コスト」として跳ね返ってきます。これらは、しつこいセールスをやめれば、不要となります。発想の転換です。

しつこい営業
しつこい営業をすると、社員ををつなぎとめるためにも、多額の経費が掛かります。

動画でも概略をご案内しています。

ローンや契約手続きも対応・諸費用の見積もりも作成

手数料無料だからと言って、手続き面の対応がおろそかでは意味がありません。ロータス不動産では「ローン手続き」「契約や引き渡しの手続き」のアドバイスも対応しています。

ご内見時までに、ご購入諸費用の概算明細も作成しています。スタート時点でがっかりすることがないよう、「概算」などでふかすことなく、厳選された内容の情報を提供しています。

手数料無料になる物件の見分け方

【商品として販売されている物件】が仲介手数料無料となります。カラクリわかると、手数料無料になるかどうか、見分け方もシンプルです。

  • リノベーション(リフォーム)のマンション・戸建
  • 新築一戸建て
  • 消費税がある物件

最もわかりやすいシグナルは商品物件ということです。つまり新築一戸建て・リノベーション(リフォーム)です。新築一戸建ては工務店が、リノベーション未入居の物件は、業者がリノベーションを行った物件です。商品物件は消費税が課税されていますので、手数料無料になることが多くあります。

zei

手数料割引になる物件の見分け方

不動産広告を見ていると、同じ物件が複数の不動産業者から広告がでていることがあります。このような物件ならば、まず手数料割引(無料・半額など)になる物件といえます。複数の業者が扱っている物件は「物件の囲い込み」がされていないからです。

仲介手数料無料のデメリットはないの?

実はデメリットらしいものは考えづらいのが正直なところです。あえてデメリットらしいことを言えば、すべての物件が対象にはならないことですが、利用対象となる物件であれば、利用しない手はありません。

ご利用方法

問い合わせ方法は非常にシンプルです。ウェブからのお問い合わせラインなどで、下記のような不動産情報源から内容を送信するだけです。

  • 不動産ポータルサイト(SUUMO、Home'sなどの広告専業サイト)
  • 各不動産業者のサイト
  • 各種不動産チラシ
  • 違法な電柱広告
  • その他もろもろの不動産情報

送信の方法も簡単です。ウェブフォーム(メール)、ライン、お電話、いづれも可能です。

  • コピペしたURLの送信
  • ラインのスクリーンショットで送信
  • 物件名や特徴の送信

当社サイト上の情報

もちろん、当社サイト上の情報はご相談可能です。仲介手数料の見積もり相談をご確認いただけます。

販売物件情報

当社サイトに掲載する販売情報は全て手数料無料もしくは割引の対象です。

666
新宿区
足立区

マンションカタログ

販売情報がない物件・カタログページに掲載の物件も対応しています。

新宿区
足立区