複数社に扱っていただく売り方

当社が売却活動を行う場合、当社が1社で完結してセールスをするのではなく、複数の会社に取り扱っていただけるよう、進めていきます。「受託案件は広告可」「一件資料をオープンに提供」ということが、基本的な戦術です。これにより当社が両手手数料を取れる可能性は格段に減ります。しかし、信頼性と物件のオープン化を軸にセールス活動を進めることで、2つの効果を狙っています。

一つはスピードです。多くの会社に扱ってもらうことができれば、当社が1社で売却を進めるよりスピード感がでます。回転を良くすることで多く立ち回りをしようという進め方です。
もう一つは信頼性です。消費者サイド、業者サイド、いづれの不動産市場においても、評価をあげることで、長く生きていこうという戦略です。

いづれもフルラインでない、大手ではない零細ならではの戦い方です。

そして、今般もそのような進め方で申込をいただくことができました。他社の後釜として入った物件で、先行していた他社では、3か月で3組の見学だったそうです。多くの物件では8か月ほど売却に時間がかかるということですから、それが普通なのかもしれません。それよりは明らかにスピーディな動きですので、都内で実需のマンションでは、当たる戦術なのだろうと思っています。

このエントリーに関連するサービス

スマート売却【エージェント】
スマート売却【エージェント】 | ロータス不動産
良質な物件を普通の査定よりも高く売ることをチャレンジするサービスです。
https://www.lotus-asset-and-property.com/bukken_baikyaku/smart_selling_agent

他の関連記事

スタッフブログの一覧へ

当社のご紹介

(株)ロータス不動産について

株式会社ロータス不動産
東京都台東区蔵前1丁目8番3号 TEL)03-5809-1630 FAX)03-5809-1541
総武線浅草橋・浅草線蔵前が最寄です。秋葉原、新御徒町、東日本橋の各駅もアクセスが便利です。

ロータス不動産は2010年創業で着実に実績を重ねてきました。「ロータス」とは英語で「蓮の花」のことで、よく智慧や慈悲の象徴されます。綺麗ごとだけではない不動産の世界でも、良い水先案内人として、美しい花を咲かせる存在でありたいという考えています。