ズームで重要事項の【事前】説明を行いました

重要事項説明の時間が長いから良いというわけではありませんが、言った言わないを避けるためには、ある程度丁寧な説明が必要です。お客様が不満を感じるとき、丁寧な説明が少ないことが原因でないかと感じることがあります。

コロナ禍で社会が変わった一つのうち、オンラインのミーティングがあると思います。これは、不動産の説明でも活用できます。口頭で説明をするのは当然のこと、文書や画像、場合によっはウェブサイトなどを画面共有しながら、理解を進めることができます。

とくに、小さなおお子様がいる世帯では、お子様のケアをしながら不動産の打ち合わせは、大変だと思います。そのようなとき、お客様がくつろぐことができる空間で相談ができるのであれば、いつでも停止や再開ができますので、気兼ねなく時間をつかうことができます。

実は、日本の法律では重要事項説明は対面が基本です。必ず対面での再説明が必要です。ただ、大筋の説明を行うことで、時間に余裕ができて、考えを深めることができる時間が持てます。こうすることで対面の時間を有効に使うことができます。

写真はズームを開いて待っているところをモーションキャプチャーしたところです。
画面

このエントリーに関連するサービス

仲介手数料が最大無料
中古マンションなどが仲介手数料無料・半額 | ロータス不動産
リノベーション住宅、新築一戸建てなら手数料無料です。居住中物件、共同仲介物件なら半額と仲介手数料が安くなります。
https://www.lotus-asset-and-property.com/fee-counting

他の関連記事

スタッフブログの一覧へ

当社のご紹介

(株)ロータス不動産について

株式会社ロータス不動産
東京都台東区蔵前1丁目8番3号 TEL)03-5809-1630 FAX)03-5809-1541
総武線浅草橋・浅草線蔵前が最寄です。秋葉原、新御徒町、東日本橋の各駅もアクセスが便利です。

ロータス不動産は2010年創業で着実に実績を重ねてきました。「ロータス」とは英語で「蓮の花」のことで、よく智慧や慈悲の象徴されます。綺麗ごとだけではない不動産の世界でも、良い水先案内人として、美しい花を咲かせる存在でありたいという考えています。