不動産の個人間売買の支援:重要事項説明書・契約書・住宅ローン

家族の笑顔

お知り合いどうしで不動産の売買が決まった方に、ご契約から決済まで、「定額料金」でサポート。不動産業者のノウハウを提供します。通常の不動産売買と同様の流 れで契約から引き渡しまでを進行管理します。お客様は不動産売買の知識をお持ちでなくても安心です。交渉となるポイントもコンサルティングいたします。

個人間売買のサポートのサービスを開始した背景

取引の内容は当事者同士で決めた。もう交渉項目はない。そこで不動産業者に手続 きの 相談 すると、高い手数料!労力はないはずなのに

「不動産の個人間売買の売買」というと金融機関から断らた。

このようお客様のご不満にお応えすべく誕生させたサービスです。当社では定額手数料で対応します。しかも手続きは通常の不動産売買と同じで変わらず安心。料金は明瞭・簡潔・割安です。

このサービスが向いている方

  • 業者の仲介なしで直接に不動産を売買することになったものの、銀行か らは 契約 書や重要事項説明書が必要と言われて住宅ローンで困っている。
    (親子間、親族間売買はローンがつかない場合があります。別途ご相談くだ さ い。)
  • 取引条件は決まっているが、トラブル回避の為に安心 できる契約書、重要事項説 明書を取り交わし たい。
  • 通常の仲介業者に依頼相談したが手数料の高さに驚いている。

金融機関が断る理由

金融機関が個人から話を持ち込まれる理由を嫌うをご存知でしょうか。合理的な背景があります。

宅地建物取引士の「重要事項調査」がないことは1つ。重要事項説明書は、宅地建物取引士のみが作成できる不動産取引の関連書類です。重要事項説明により、第三者は物件の状況が簡単に理解でき、担保資産を容易に把握できます。面倒くさい、不安点があることが一つ。宅地建物取引業者には売買契約書を作成するノウハウがあるので、金融機関も安心しやす い環境づくりができます。

親子間(親族間)売買について

親子間・親族間売買は特に金融機関は嫌います。その理由は単純です。住宅ローンを介した売り手側のマネーロンダリング、債務回避、税逃れなどの隠れ蓑として、住宅ローンを利用するケースがあるからです。親子間売買の住宅ローンに特殊なノウハウは必要ありません。しかし、お客様側もしくは不動産業者側に対する金融機関の信頼がとくに必要です。金融機関との太い取引・信頼関係がない限り、個人の持ち込みには対応してません。

サポートコース

フルサポート=契約成立以降から通常の仲介業務と同等です。ローン付けや決済までの取引をサポートします)

サービス内容

1取引につき298,000円(税込)にて、以下のサービスを行います。

  • 契約書作成
  • 重要事項説明書作成・調査ならびに説明
  • ローン取扱
  • 残金支払進行サポート、管理
  • 各種士業、専門家折衝
  • 価格アドバイス
  • 交渉事項のアドバイス

備考

着手にあたり、着手金32,400円を申し受けます。通常の不動産仲介業務と同等の業務内容で取引をサポートいたします。着手金や費用は折半していただいても、片方からのお支払いでもかまいません。

商談交渉は成立している、あるいは 容易に成立するものとしてお取り扱いいたします。当社は契約にあたり交渉すべきポイントのコンサルティングを行いますが、実際の交渉にはご依頼人の方に実際の交渉はお任せします。

調査の結果、取引の片方に著しいリスクを負担することが予見される場合、取引内容の変更をお勧めする場合もあります。その場合着手金は返還いたしません。

対応エリアは首都圏です。

個 人売買のお問い合わせ(入力フォーム)

お取引の詳細未定の方もお気軽にお問い合わ せください。 ご不明点につきましても、お気軽にお問い合わせください。当社のプライバシーポリシーも あわせてご確認ください。取扱対象の性質から一度お電話でご本人確認をさせていた だく場合がございます。あらかじめご了承ください。

   

お名前 ※必須
電話番号(半角)
Mail(半角) ※必須
対象物件所在地
ご職業
ご伝達事項
サイトを知ったきっかけ ご紹介  検索エンジン 弊社の他サイト