預金小切手

預金小切手とは

預金小切手とは、銀行が自分自身を支払人として振り出した自己宛小切手の1種です。預手(ヨテ)ということもあります。預金小切手は振り出した銀行が自分自身の店舗を支払人としているもので、不渡りになる危険性が限りなく低いという特徴があります。事故届が出されているなどの特別な事情がない限り、所持人は銀行で支払を受けることができます。とくに「線引小切手」(横線あり)は、小切手の表面に平行線を引いた小切手のことですが、平行線の間には、「銀行渡り」「Bank」などと記載されています(何も記載されていないこともあります)。このような小切手に対して、銀行は他行または銀行の取引先(の預貯金口座)にのみ小切手金を支払うことができます。支払先を銀行の取引先に限定することで、盗難などによる呈示を抑止したり、支払い先をトレースできるようになります。

小切手

当社のご紹介

(株)ロータス不動産について

株式会社ロータス不動産
東京都台東区蔵前1丁目8番3号 TEL)03-5809-1630 FAX)03-5809-1541
総武線浅草橋・浅草線蔵前が最寄です。秋葉原、新御徒町、東日本橋の各駅もアクセスが便利です。

ロータス不動産は2010年創業で着実に実績を重ねてきました。「ロータス」とは英語で「蓮の花」のことで、よく智慧や慈悲の象徴されます。綺麗ごとだけではない不動産の世界でも、良い水先案内人として、美しい花を咲かせる存在でありたいという考えています。