重要事項の説明義務

重要事項の説明義務とは

重要事項の説明は不動産業者のスキルが現れる部分です。宅建業者は、宅地建物取引に際し、売買、交換もしくは貸借の相手方等」に対して契約が成立するまでに、宅地建物に関する一定のこと項、すなわち私法上、公法上の権利関係・取引条件等について書面(重要事項説明書)を交付して、宅地建物取引士から説明をさせなければなりません(宅建業法35条)。十分な調査力が必要です。なお、宅地建物取引士は当該書面に記名押印をするとともに、説明をするときは、相手方等に対して、宅地建物取引士証を提示しなければなりません。

当社のご紹介

(株)ロータス不動産について

株式会社ロータス不動産
東京都台東区蔵前1丁目8番3号 TEL)03-5809-1630 FAX)03-5809-1541
総武線浅草橋・浅草線蔵前が最寄です。秋葉原、新御徒町、東日本橋の各駅もアクセスが便利です。

ロータス不動産は2010年創業で着実に実績を重ねてきました。「ロータス」とは英語で「蓮の花」のことで、よく智慧や慈悲の象徴されます。綺麗ごとだけではない不動産の世界でも、良い水先案内人として、美しい花を咲かせる存在でありたいという考えています。