定期調査・検査報告

定期調査・検査報告とは

構造の老朽化、避難設備の不備、建築設備の作動不良などにより、大きな事故や災害が発生する恐れは、特定建築物の場合に特に大きいですので、事故等を未然に防ぎ建築物等の安全性や適法性を確保するために、建築基準法では専門の技術者(調査者・検査者)により建築物等を定期的に調査・検査し、特定行政庁に報告することを求めています。「特定建築物」「防火設備」「 建築設備」「昇降機等」の4種類の報告があります。大規模建築物は都道府県が、一定の規模以下のものは市区町村の所管で管理しています。

当社のご紹介

(株)ロータス不動産について

株式会社ロータス不動産
東京都台東区蔵前1丁目8番3号 TEL)03-5809-1630 FAX)03-5809-1541
総武線浅草橋・浅草線蔵前が最寄です。秋葉原、新御徒町、東日本橋の各駅もアクセスが便利です。

ロータス不動産は2010年創業で着実に実績を重ねてきました。「ロータス」とは英語で「蓮の花」のことで、よく智慧や慈悲の象徴されます。綺麗ごとだけではない不動産の世界でも、良い水先案内人として、美しい花を咲かせる存在でありたいという考えています。