ハザードマップ

ハザードマップとは

ハザードマップとは、自然災害による被害を予測とその被害範囲を地図に落とし込んだたものです。防災マップ、などの名称で作成されている場合もあります。ハザードマップは土地の成因あるいは地形や地盤の特徴をもとに、被害想定区域、避難経路や避難場所、防災関係施設の位置などの防災地理情報が地図上に図示されています。

ハザードマップは地域の特性に応じ作成されています。河川が多い東京エリアでは河川、地震、火災などのハザードマップが注目されます。火山活動が予測される地域では山のハザードマップがあります。海岸地域では高潮のハザードマップが重視されます。

ハザードマップポータルサイトが大変便利です。https://disaportal.gsi.go.jp/

当社のご紹介

運営会社について

ロータス不動産は2010年創業で着実に実績を重ねてきました。「ロータス」とは英語で「蓮の花」のこと。泥沼でも美しい花を咲かせることから、「仏の知恵」「神の愛」など象徴とされるそうです。綺麗ごとだけではない不動産の世界でも、良い水先案内人として、美しい花を咲かせる存在でありたいという思いがあります。