インスペクション

インスペクションとは

インスペクションとは住宅検査のことであり、ホームインスペクションとも言います。一般的に住宅に精通したインスペクター(検査士・診断士)が、第三者的かつ専門的な立場で、住宅の劣化状況、不具合の有無を見きわめ、アドバイスを行います。医療で言えば、「健康診断」似ているといえば、わかりやすいかもしれません。インスペクションの検査結果により、より精密な検査や治療(補修やリフォーム)が必要かをご報告することも可能です。インスペクションはアメリカで立ち上がったサービスです。あちらでは、価格設定・価格交渉にも影響を及ぼすこともあります。日本でも、この数年、中古住宅市場を中心に普及してきました。日本の不動産業との関係でいうと、インスペクションの有無についての報告を重要事項説明ですることが決まりました。インスペクションの有無を明言することにより、インスペクションのある物件を優遇しようとして、誘導しているようです。国土交通省では、中古住宅売買時に行われる住宅診断について、『既存住宅インスペクション・ガイドライン』(平成25年6月)を策定しています。

当社のご紹介

運営会社について

ロータス不動産は2010年創業で着実に実績を重ねてきました。「ロータス」とは英語で「蓮の花」のこと。泥沼でも美しい花を咲かせることから、「仏の知恵」「神の愛」など象徴とされるそうです。綺麗ごとだけではない不動産の世界でも、良い水先案内人として、美しい花を咲かせる存在でありたいという思いがあります。