手付金は最低いくらで契約できる?

公開日: 更新日:
手付金は最低いくらで契約できる?』のまとめ

手付金0円もしくは少額で契約はできるかは売主が判断することなので、交渉が必要となります。

手付金が少額ですと、契約後の手付放棄のリスクが高くなり、売主にとってリスクです。手付金0円で契約すると買主にとってリスクです。

手付金の設定は熟慮を促すため、軽い気持ちでは契約することがない、ある程度大きな金額に設定するものとされています。

このページでは手付金は最低いくらで契約できる?についてご案内します。

手付金0円もしくは少額で契約はできるか

手付金の設定も交渉事項の一つ

ときどき、「手付金0円もしくは少額で契約はできるか」というご質問をお受けする場合がありますが、実は、仲介業者としては答えづらいご質問の一つです。契約として受け入れるかどうか、これは売主の判断事項で、当社は仲介業者ですので判断ができないからです。

あくまでも交渉の事項となりますので、売主さんが了承をすれば、当社は仲介業者ですので、お断りすることはしません。進め方としては、まずローンの審査を通してから、信用状況を固めて、その後に手付金の金額を含めて、契約申し込みを通して、交渉することになるでしょう。。

ただ、後述のように、手付金が少額ですと、契約後のキャンセルリスクが高いものとなりますので、売主にとってリスクとなりますので、一般的には避けられます。

一方、手付金0円で契約すると、手付解除による契約解除ができなくなります。これは、実は買主にとってリスクです。こちらも後述のように、手付解除ができない場合、契約をキャンセルしたくなった場合は、
直ちに損害賠償となるからです。そのため、売主が受け入れるとすれば、むしろ手付金0円契約になるかもしれません。

手付金の意味

不動産売買契約では、契約締結時に、買主が売主に対して「手付金」を支払うことが一般的です。 手付金は、契約の成立を前提として、売主にいったん預けます。あくまでも、申込の証拠という位置づけです。

後日行う売買代金全額を支払う期日に、売主は買主に返還するという位置づけですが、実務的にはそれをやっていると面倒な話ですので、「残代金支払いのときに売買代金の一部として充当する」として扱います。

手付解除

手付金の本来の趣旨は、証拠金のようなものです。購入の申込をした後に、手付金を放棄すれば解約ができるという契約内容で締結します。しかし、みだりに解約が生じることになれば、当事者は大きな時間的・経済的な損失を被りますす。軽い気分の解約は防止しなければなりません。軽い気分の解約を防止するためには、放棄するには惜しいほどの手付金を設定することで、いい加減な意思で契約することを防止するという、ある種の重しのような役割をしています。

手付金の上限・下限・相場

上限と下限

上限額については 宅地建物取引業法の規定を一つの目安にしています。同法では完成物件の場合、手付金を10%とするならば手付金保全措置を取ることが不要という規定があり、このラインが目安となっています。

実は、手付金の最低額というものは法律で決まりはなく、極端な場合では手付金はゼロ円でもできます。しかし後述のようにデメリットも大ですので、慣例では手付金を払います。

相場

0~10%の真ん中を取って、だいたいそ5%ぐらいが一般的と認識されていることもあるようですが、浸透しているわけではありません。物件価格によって5%でも相当な額になる場合もあります。そのため、手付金の目安としては、手付解除を防止するため、軽い気持ちでは契約することがない、ある程度大きな金額に設定します。物件価格が高い低いで、手付金の金額も変わってくると思います。1000万円台・2000万円台ならば50万円でも大きな金額ですし、1億円前後の物件ならば、50万円では心もとないといえるでしょう。

手付金0円での契約

リスク

手付金を払って契約を行えば、その後契約のキャンセルを行っても、手付放棄によるキャンセルができます。しかし手付なしで契約を行った場合は、手付金を支払っていませんので、売主・買主のいずれも手付解除ができません。これが後々厳しい処置となって帰ってくる場合があります。実際手付金を0円で契約をしてしまうと、著しい不利な場面が生じる場合もあり、まりお勧めはしません。

損害賠償

手付放棄によるキャンセルができないという事態はなにをいみするあKというと、いきなり損害賠償払ってくれという風になります。この場合には、手付解除を通りこしてしまうわけです。手付放棄による解約であれば、100万円程度だった損失が、いきなり契約解除となると、損害賠償金となり、いきなり数百万の賠償金になってきます。大変な話になってきますので、まとまった手付金で契約するとしたほう方が、お客さんを守ることができます。

手付金と自己資金の違い

自己資金と手付金が混同して認識されていることもありますので、違いは以下の通りです。

まず自己資金とは購入に必要な資金のなかで、自分で用意する部分をいいます。つまりローン以外の部分です。これに対して、手付金とは、手はじめに出す、いわば契約成立の証拠金です。 その名の通り「手を付けるため」の資金をいいます。

「不動産法律の知識」関連記事

不動産法律の知識

電車・バス等の所要時間

不動産の表示規約では、電車・バス等の所要時間の表示基準を定め、同規約12条7号、1乗換えを要するときはその旨、2特急・急...

現状有姿売買

現状有姿と書いて(げんじょうゆうし)と読みます。 現時点における物件のあるがままの姿という意味ですが、これをもって契約...

未成年者の不動産購入と売却

未成年者も不動産売買はできます。 未成年者の場合には、親権者が売買に同意するか、親権者が法定代理人となって手続きするこ...

住宅売買の登記と登記費用

登記費用とは大きく分けて以下の2つに分けれます。 ①司法書士報酬 ②登録免許税 司法書士は法務局(登記所)になり替わ...

借地権のマンション

借地人の権利は誠実な対応をすれば借地借家法により強い保護があります。借地権は民法にもとづき地上権と賃借権の2種類に分類さ...

再建築不可の土地と資産性について

再建築不可とは建築をできる法的な要件を満たしていない状態であり、そのような土地です。文字通り、建物を建築できなません。...

告知事項ありとは?

不動産広告のなかで「告知事項あり」という記述が存在している場合は、心理的な瑕疵(欠陥)の存在ですから、殺人、自殺、病死等...

契約不適合責任と免責

契約不適合責任とは、目的物が種類や品質の点で契約内容と異なっていた場合(契約内容に適合していなかった場合)に、売主が負う...