現状有姿売買

公開日: 更新日:
現状有姿売買』のまとめ

現状有姿と書いて(げんじょうゆうし)と読みます。

現時点における物件のあるがままの姿という意味ですが、これをもって契約不適合責任(瑕疵担保責任)が免責となるわけではありません。

このページでは現状有姿売買についてご案内します。

不動産取引で、売買契約書中に「現状有姿(のまま)」「現状有姿にて引き渡す」等の文言が記載されることがほとんどですが、その意義、具体的な内容については業界でも定説がありません。

現状有姿は、引渡しまでに目的物の状況に変化があったとしても、売主は引渡し時の状況のままで引き渡す債務を負担しているにすぎないという趣旨で用いられることが多いようです。

単に現状有姿との記載があるからといって、これをもって直ちに、売主の契約不適合責任の免責についての合意があるとまでいえません。

「不動産法律の知識」関連記事

不動産法律の知識

手付金は最低いくらで契約できる?

手付金0円もしくは少額で契約はできるかは売主が判断することなので、交渉が必要となります。 手付金が少額ですと、契約後の...

電車・バス等の所要時間

不動産の表示規約では、電車・バス等の所要時間の表示基準を定め、同規約12条7号、1乗換えを要するときはその旨、2特急・急...

未成年者の不動産購入と売却

未成年者も不動産売買はできます。 未成年者の場合には、親権者が売買に同意するか、親権者が法定代理人となって手続きするこ...

住宅売買の登記と登記費用

登記費用とは大きく分けて以下の2つに分けれます。 ①司法書士報酬 ②登録免許税 司法書士は法務局(登記所)になり替わ...

借地権のマンション

借地権は民法にもとづき地上権と賃借権の2種類に分類され、借地借家法により「新法借地権」「旧法借地権」「定期借地権」に分類...

再建築不可の土地と資産性について

再建築不可とは建築をできる法的な要件を満たしていない状態であり、そのような土地です。文字通り、建物を建築できなません。...

告知事項ありとは?

不動産広告のなかで「告知事項あり」という記述が存在している場合は、心理的な瑕疵(欠陥)の存在ですから、殺人、自殺、病死等...

契約不適合責任と免責

契約不適合責任とは、目的物が種類や品質の点で契約内容と異なっていた場合(契約内容に適合していなかった場合)に、売主が負う...