現状有姿売買

現状有姿と書いて(げんじょうゆうし)と読みます。

現時点における物件のあるがままの姿という意味ですが、これをもって契約不適合責任(瑕疵担保責任)が免責となるわけではありません。

公開日: 更新日:

不動産取引で、売買契約書中に「現状有姿(のまま)」「現状有姿にて引き渡す」等の文言が記載されることがほとんどですが、その意義、具体的な内容については業界でも定説がありません。

現状有姿は、引渡しまでに目的物の状況に変化があったとしても、売主は引渡し時の状況のままで引き渡す債務を負担しているにすぎないという趣旨で用いられることが多いようです。

単に現状有姿との記載があるからといって、これをもって直ちに、売主の契約不適合責任の免責についての合意があるとまでいえません。

「不動産法律の知識」のおススメ記事

記事アーカイブリンク

不動産購入売却の知識のカテゴリご覧になれます。

カテゴリーリスト

記事のトピック