なぜ不動産の購入申込は重なるのか?

公開日: 更新日:
なぜ不動産の購入申込は重なるのか?』のまとめ

注目される物件は魅力が深く、お問合せは特定の物件に固まる傾向があります。自ずと見学数も多くなります。

つまり、ネットで情報収集が容易でありますので、不動産の購入申し込みはが重なるのは、確率的な必然です。

当社では、検索経由でお問い合わせが多いのですが、経験的に当社へのお問い合わせがある物件は、成約に近い気がします。検索しないで、不動産サイトでお問い合わせをする方の方が、もっと多いからです。

このページではなぜ不動産の購入申込は重なるのか?についてご案内します。

タイトルでは「購入」と題名を付けましたが、賃貸も同じようなメカニズムだと思います。

特定の物件が注目を集める傾向

ネットの情報収集は比較がしやすいため、好条件の物件から注目は集まります。同じような時期に、好条件の物件から見学対象に入れますので、実際には同じ物件に申し込みが入る確率が高まります。

家探しの中心は不動産ポータルサイト

主に広告を主として運営されているサイトを不動産ポータルサイトといいます。有名なところでは、SUUMO、LIFULE HOMES、At Home、Yahoo 不動産、Ouccinoなどがあります。収益物件向けの情報では、楽町、健美家などが有名です。ポータルサイトの情報は新聞社や情報サイトの不動産情報ページに転載されています。

ポータルサイトは不動産業者が広告の目的をもって投稿した物件が掲載されています。不動産ポータルサイトに掲載することをリスティングといいますが、ポータルサイトにおいては、物件リスト化されて、検索性が高められています。そのため、集客力では無視できません。ほとんどの不動産業者は何かしらのポータルサイトと契約しています。掲載料は不動産業者が支払っています。

ポータルサイトのセレクト機能

検索機能により、条件がよい物件が瞬時に比較できます。通常の人間であれば一番いい条件の情報に注目します。しかし、あたりまえですが、どんなにたくさん物件があっても、一番いい条件の物件はそのなかで1つです。その結果、多くの方の注目がその物件に集まるようになります。いい条件の物件は昔も今も早く売れるものですが、以前よりもその傾向が強くなりました。ネットのおかげで比較が容易になったからです。

ネットにより二極化と同時性が進む

以前は不動産物件の紹介は紙でやっていました。B4の不動産店頭にはってある紙です。不動産業者はこれを「図面」「マイソク」などと言っています。紙の時代なら、不動産業者がお客様の選択に及ぼす影響がもっと強かったと思います。図面で比較すれば、いろいろ目移りする機会があり、多様性が逆に生まれる機会もありました。

しかし、不動産ポータルサイトの登場により、物件の比較をすることが容易になりました。ネットの活用で比較が容易になった分、スペック上位の「見たい物件」だけを見に行き、注目が集まる傾向が強くなりました。そのため、いまは条件のよい物件に一直線です。

しかも、どのような情報媒体にせよ、情報の発信は同じような時期です。ということは、受信も同じような時期なのです。そして、お客様が購入に向けたアクションを起こすのも同じような時期です。「水の波紋」のように、情報の伝達が進んでいきます。

だから、購入の申し込みが重なることに、つながっていきます。

このことが意味することは、不動産情報のなかでも二極化が進んでいるということです。以前と比べて良い物件にお問い合わせが集中する傾向が、いくらか強くなりました。

ただ、優れた営業マンが、最後でアドバイスをするという役割も強くなっていると思います。

water_hamon

目に見えない不動産マーケット

検討者は一人ではないため、横取りをされないためには、つねに潜在的なライバルが存在することを念頭に入れなければなりません。

chirashi

見えないライバルが多数

上記は不動産ポータルサイトから物件情報を取得する例ですが、不動産情報はポータルサイトだけではありません。不動産業者のサイト、営業マンの紹介、口コミ、折り込みチラシ、ポスティングチラシ、違法な電柱チラシなどで物件の情報が伝わっていきます。

そして、十分な予習をしたうえで、物件の見学に向かいます。

お客様の中でも、1~2件購入の競争に負けた人(重なった申込で負けた人)は、不動産業者のあおりに響きます。このような方は検討の経験もありますので、自信をもって早く決める傾向があります。

条件の良い物件に問合せが集中

時間の無駄を省きたい、面倒なことはしたくないという人間の習性からして、手始めは魅力を感じる物件から物件の見学を始めます。ネットで物件を調べられることじゃ、十分比較をされてから見学にできるということです。つまり、見学する前の段階で、十分に検討に値すると感じた物件であるということです。相対的に、最もお手頃に感じた物件なので、足を運ぶようになります。

その結果、魅力的な物件は見学が多数となり、魅力的であるがゆえに営業マンの煽りも効くようになり、魅力的な物件であるがゆえ、申込も重なることが多くなるわけです。

見学しにくるのは、念のために確認しにきたというお客様も増えてきました。見学した即日に申込という動きになりますが、このようなお客様は当社に限らず多くなりつつある傾向があります。

申し込みが重なると、先に申し込みをしてじっくり進めていた方は「横取りされた」という印象を持つかもしれません。しかし、売主が売り先を決めるのは自由であり、早く進める準備をしていた方が、物件をらっていくものです。

当社へお問い合せがある物件は申し込みが近い

このような物件は、当社サイトへもアクセスは多くなる傾向があります。もともと検索をしてみたいと感じさせる物件ですので、魅力はあるはずです。

searchbox09

グーグル検索される段階で魅力的な物件

人間の習性からして、魅力を感じる物件をグーグル検索しているはずです。検討されるお客様も、不動産サイトなどで十分比較をされてから見学に来場されています。十分に検討に値すると感じた物件であるということです。愚弟的にいうと、相対的に、この物件が最もお手頃に感じたので、詳しく調べてみたいとお考えになったと思います。

このような段階になると、お客様は「より詳しく調べる」というアクションを起こします。

お問い合わせが多い物件は潜在的に成約に近い物件であるといえます。

検索する人は全体の一部

一人検索する人がいれば、その背後には、当社以外で複数の検討者が存在します。検索しないで問い合わせをする人が多数存在します。お手頃と感じる人が多くなっている状況ですので、そろそろ成約が近いかもしれません。

未公開物件

不動産業者の作戦で秘密の感じ(未公開)を演出して出現を絞っても、出ていなければ、存在していないのと同じです。そういった感じをもって偶然感、臨場感を演出して、「未公開」への期待を高めるセールスの演出をします。

このように、未公開を謳う物件は徹底的な臨場感、演出をもって誘導される物件であり、十分な比較ができません。つまり物件的には割高であることがほとんどで、警戒しなければなりません。くわしくは「未公開物件の弊害」でご説明をしています。

「不動産の気持ち」関連記事

不動産の気持ち

コロナで不動産相場は大暴落するか

リーマンショックのとき、株価は半減しましたが、不動産の下落は10~15%くらいでした。コロナでは株価は25%ダウンです。...

マンションの1階について

マンションの1階にメリットを感じてる方は、おおむね「お子様のこと(=音、事故)」「地に着いた気楽さ(=避難、出入りの楽さ...

メゾネットマンション

上下2層を一戸の住宅として利用するタイプの集合住宅をメゾネットといいます。天井が高く、開放感があるので、分譲マンションな...

マンションの間取り

マンションの間取は、法規制からはじまり、建物の構造配置といった建築構造、隣の建物や景色など外部環境など、多様な要素から影...

よくあるご質問

よくあるご質問をまとめてみました。...

住宅を買う理由

多くのケースでは、買う方が合理的なのではないかと感じます。 買うべきではない理由は、「過大なローンを組むべきではない」...