よくあるご質問【売却サービス編】

「よくあるご質問【売却サービス編】」のサムネイル

売却仲介の依頼に関するよくあるご質問について、販売活動に関するものと仲介手数料に関するもののの2つに大別して、ご紹介とご説明をします。

公開日: 更新日:

Q.ちゃんと販売できますか?

「実績」「販売力」「得意分野」に分けて申し上げます。

実績

実績は着実に実績を伸ばしてきました。令和2年で10年を迎え免許番号(3)です。案件数も増えてきており、お客様の声と取り扱い物件の事例を掲載しております。

お客様の声 取り扱い物件の事例

販売力

当社が他社と違うのは、いろんな会社から広告が出ることです。むしろ販売力は強力です。当社は他社による広告を許容しているから可能です。

不動産における両手と広告可・広告不可 共同仲介

不得意分野

不得意分野はあります。差別化ポイントを丁寧にアピールする戦略ですので、差別化がしづらくなくなると苦戦しました。投資マンションなどがそうでした。

  1. 投資向きマンション
  2. 一般媒介での受託

一般・専任・専属のメリットやデメリット

Q.どのような広告をしますか?

インターネットが主力です。当社サイト自体もページビューが多いですし、ポータルサイト(※)と呼ばれる不動産宣伝のサイトに掲載します。大手も含め、他の不動産会社もいまはネットが主流です。大手とも大差がないと言えます。

違法な電柱張り紙、許可のないポスティングなど問題のある手法は利用しません。お許しください。

ダメな不動産業者の見分け方
※)不動産ポータルサイト:suumo、at home、home’s、Yahoo!不動産などの有名不動産サイト

Q.囲い込みってなんですか?

囲い込みとは、不動産の悪弊として知られています。売却依頼を受けた不動産業者が、共同仲介の業者からの買主紹介を制限することです。物件をいいように扱い、不当に仲介手数料をかすめ取ることができます。担当者ベース・支店ベースで考えると、大手も含めて手に染めていると言われています。

不動産の囲い込み

Q.他社には検討客がいるらしいですが?

当社は囲い込みをしないで共同仲介を許容していますので、その他社様を通して当社にお客様紹介があるはずです。ただ、実際にそのような検討客はいないかもしれません。詳しくはこちらの記事をごください。

投函チラシに「売り物件募集」のチラシが多い2つの理由

Q.査定価格よりも高く売り出してくれますか?

希望の価格をおっしゃってくだされば、それをもとに対応します。ちなみに、他社の査定を参考にする場合は、とびぬけて高い査定もあります。「釣り針」かもしれませんので、注意は必要です。

マンション・一戸建ての価格査定の見方と進め方 高額査定の意図と弊害

Q.どうして仲介手数料を安くできるの?

仲介手数料半額

当社においてはネットによる広告費の削減が可能となったことがありますが、他社による広告を許容する方針もあります。成果を共有すれば負荷もシェアできます。

仲介手数料半額でマンション・一戸建てのご売却

仲介手数料無料

買取業者への物件紹介の場合には、買主から手数料をもらうことができて、業者は即決が可能で、広告や宣伝の経費も不要だからです。

ご所有のマンションを仲介手数料無料で売却する

Q.手数料以外の名目で手数料みたいな請求があるの?

広告費の負担はありますか

お客様に広告費を請求することはございません。成約時、当社のお客様は当社にのみ仲介手数料を支払うことになります。共同仲介の協力業者に対する支払いもありません。

他の名目で費用はあるのでは?

ありません。もちろん、当社が受領する以外の費用(銀行費用の繰り上げ返済、抵当権抹消の費用など)は当社ではコントロールできおませんので、各業者へお支払いください。詳細は「売却の諸経費」を御覧ください。

Q.仲介手数料はいつ払いますか?

売買契約の時点で半金、決済の時点で半金となります。仲介手数料は報酬は成功報酬です。

(株)ロータス不動産について

株式会社ロータス不動産
東京都台東区蔵前1丁目8番3号 TEL)03-5809-1630 FAX)03-5809-1541
総武線浅草橋・浅草線蔵前が最寄です。秋葉原、新御徒町、東日本橋の各駅もアクセスが便利です。

ロータス不動産は2010年創業で着実に実績を重ねてきました。「ロータス」とは英語で「蓮の花」のことで、よく智慧や慈悲の象徴されます。綺麗ごとだけではない不動産の世界でも、良い水先案内人として、美しい花を咲かせる存在でありたいという考えています。

ロータス不動産のSNS

「売却仲介業者の裏側」のおススメ記事

記事アーカイブリンク

不動産購入売却の知識のカテゴリご覧になれます。

カテゴリーリスト

記事のトピック