マンションの1階について

マンションの1階にメリットを感じてる方は、おおむね「お子様のこと(=音、事故)」「地に着いた気楽さ(=避難、出入りの楽さ)」を挙げる方が多いようです。逆にデメリットを感じる方はプライバシー、セキュリティの問題を挙げられるようです。

「マンションの1階について」のサムネイル

公開日: 更新日:

マンションの1階
マンション1階の仲介手数料無料 | ロータス不動産
現在、仲介手数料無料にての販売中の「1階のマンション」物件情報です。
https://www.lotus-asset-and-property.com/bukken_tag/1stf

マンション1階のメリット

気楽さ・動きやすさ

1階であれば、子供が 走り回っても下の階の住民がいないので、気を使わなくてもよいでしょう。階下が神経質な方の場合、足音がうるさいと言われることもありえます。お子さんの出す音が気になるという方は、1階であれば室内を子供が飛び跳ねても問題になりません。

気分的には外に出やすい。一階の方が億劫ではなくなる人もいます。お子さんがいて急な動きなども、早急に対応しやすいようです。お子さんの心配ごとでは、バルコニーからの落下事故の危険もないと思います。人の目につきやすいということは、住人以外の目もあるということ。かえって防犯には役に立つという意見もあります。

出入りが楽、ゴミ棟は外に別棟なのですが、重いものはテラスの縁に置いておいて外へ回って取ることができます。老後を考え一生住むことや避難のこと、あるいは日常生活の買い物などでも、一階の方が楽だという意見もあります。緊急時にすぐ動ける利点は大きいと考える人もいます。

部屋の位地のよさ

専用庭がある住戸では、楽しみも増えるでしょう。管理規約によりますが、ペット可のマンションなら庭で飼えることもあります。ガーデニング等が楽しめこともあります。低層マンションであれば、庭などがあると戸建気分が味わえます。

照り返しや日照熱が少ないので、冬場の寒さは夏場の涼しさとなります。1階と最上階を比べたら夏の部屋の温度差は著しくちがいうこともありえます。都市部だと車や声など、外からの音は3~4階以上の高層の方が、建物同士の反響のため響く傾向を感じます。1階であれば、騒音は響きにくい可能性もあります。

マンション1階のデメリット

下記のように何かしらのデメリットを感じる方もいるため、販売価格が低くなることもありえます。

プライバシー

1階の配置によっては、外から内部が見えやすいのでどうしてもプライバシーが気になります。自ずと覗かれやすく、外を通る人とベランダ越しに目が合うことも。また、道路に配送の車などが止めると、アイドリングの音が聞こえることもあるでしょう。廊下のほうでは上階の人が家の前を通るわずらわしさを感じる方もいます。

建物配置、道路状況、建物の方位にもよりますが、周りの一戸建てよりも低い位置にありますので、日当たりが不利になる可能性も。

セキュリティに対する警戒

セキュリティの問題。窓を開け放して眠る気にはならないかもしれません。セキリュティはだいぶ進歩しているとはいえ、やはり盗難等のリスクを心配される方もいるようです。

管理面

専用庭の手入れ。手入れが面倒と感じる人は、厄介かもしれません。自分たちが使うことのないエレベータの共益費を払うことを気にする方もいるようです。ゴキブリが引っ越してきやすいということもあると思います。

まとめ

以上ですが、いかがでしょうか。価格査定的には、上層に行くほど金額は上がります。ただし、庭があると1階も評価は上がります。1階を選ぶか、上層階を選ぶか、ライフスタイルによります。

ちなみに、エレベータがないタイプのマンションでは、逆に、階が上昇するに従い価格が下がります。

「不動産の気持ち」のおススメ記事

記事アーカイブリンク

不動産購入売却の知識のカテゴリご覧になれます。

カテゴリーリスト

記事のトピック