マンションや一戸建てを売るのに必要な期間

公開日: 更新日:
マンションや一戸建てを売るのに必要な期間』のまとめ

不動産売却にかかる期間は理想的には3か月とされます。しかし、諸々の要因が重なり合い、現実には8か月くらいが平均となっています。価格設定を間違えると、たとえ大手が販売をしていても、1年程度となる場合もあります。

このページではマンションや一戸建てを売るのに必要な期間についてご案内します。

不動産売却の理想と現実

理想的な売却期間

不動産業者の売却準備に1~2週間は要しますが、細かい点は無視するとして、実際位のセールス期間は3か月程度で決まるのが理想的なスケジュールだったと言えます。売れる状態の物件であれば、見学者の決定率は10%前後のペースで決定します。つまり、1週間に1組の見学者があり、9~12週間のセールス期間で完結します。

PDCA的なサイクルで言えば、販売活動を開始して、およそ1ヶ月目は認知に必要な期間、2ヶ月目は認知した検討者がアクションを起こす期間、3ヶ月目は実際に見学に及び、結論を出す期間といえます。

ただ、このように理想通りにいくとは限りません。

For-Sale

ちなみに後述のように不動産業者の査定は高め誘導されている傾向がありますので、いづれ、値下げを検討すべき時期が来るかもしれません。週に1~2組の見学者の来場があるうちは、まだ訴求力があるとみていいでしょう。急いで値下げを検討する必要はありません。見学がない場合には業者による物件囲い込みの可能性もありますが、客観的に見て価格が高いのであれば、悔しいですが値下げとなります。

当然ながら、1社に売却活動を独占させるよりも、適切に複数の業者から広告が出されているほうが、売れる確率は高まります。

現実に必要な売却期間

売却に係る期間は平均で8か月という調査結果があります。適切な対応をしなければ、実際にはこのような期間がかかります。これは、大手も中小も変わりません。

不動産ジャパンという不動産サイトによると、アットホームという不動産販売広告サイトの調査記事を引用する形で、以下のようにレポートしています。一般での認知度は低いですが、不動産ジャパンは公益財団法人不動産流通推進センター(以下当センター)が管理・運営する、権威のある総合不動産情報サイトです。

売りに出してから売れるまでの期間は平均8ヶ月。マンションは6ヶ月、一戸建ては11ヶ月で、一戸建ての方が5ヶ月ほど長くかかっていることが分かった。

引用:売りに出してから売れるまでの期間は平均8ヶ月 売却価格は平均2,536万円(http://www.fudousan.or.jp/topics/1507/07_5.html

実際の販売事例では

参考までに、2019年秋の台東区蔵前エリアで販売中の物件が売り出されてからの期間を調べてみました。実際に売却に係る期間を調べてみても、90日以上販売している物件は半数近くを占めます。期間が短い物件もありますが、売り出されて時間がたっていないためです。これらも、販売期間が延びていくかもしれません。

番号 物件名 築年 業界地位 販売期間
1 ルフォンリブレ蔵前 2018年 大手(最上位3社) 357日
2 アトラス蔵前 2013年 大手(最上位3社) 241日
3 パークウェル蔵前 2007年 大手(最上位3社) 220日
4 東光シャルム 1974年 大手(最上位3社) 115日
5 藤和シティホームズ蔵前駅前 2006年 大手(最上位3社) 100日
6 大江戸タワーレジデンス 2015年 大手(最上位3社) 74日
7 シティハウス蔵前ステーションコート 2012年 大手(最上位3社) 66日
8 OC サンソフィア蔵前 2006年 大手 43日
9 シティハウス蔵前ステーションコート 2012年 大手(最上位3社) 31日
10 OC フィース蔵前 2009年 大手(最上位3社) 21日
11 藤和シティホームズ蔵前駅前 2006年 大手 9日
12 OC カーサ蔵前 1977年 大手(最上位3社) 7日
13 OC 蔵前ハイム 1980年 大手(最上位3社) 7日

※調査対象は令和元年9月末。掲載対象はデータ感が適切な大手に限定

高めに誘導される業者査定

不動産業者が売却の委任を受けるのも競争です。委任を勝ち取るために、仲介業者の担当者は、売りづらくても、高い価格で査定をする業者もいます。「挑戦価格」と称して、リップサービスでお客さんに夢を見させて売却の受託を受けてしまいます。半年程度干せば、現実をお伝えする作戦をとることが可能です。査定を依頼しても、売れない価格を提示するものだと思って商談を進めなければなりません。競争が激しい大手のほうが、この傾向は強くなります。

「高いと売れない」「安いと売りやすい」ということです。物件の価格設定は相場の上限をターゲットにすべきというだけで、奇跡はありません。価格や対応を読み間違えると、売れないことは1年以上に及ぶこともあります。

「売却の流れ・手続き」関連記事

売却の流れ・手続き

遠方から不動産の購入や売却は可能か?

結論から申し上げると、マンションや土地の契約や決済を、遠隔地から現地に行かずに実施することは、制度上は可能です。当社でも...

売渡承諾書

所有者が、所有不動産を売却する意思がある旨を買主又は仲介者にあてて表明する書面のことです。なお、売渡承諾書を交付した段階...

買い先行での旧住宅ローンへの金融機関の対応【まとめ】

内容1 メガバンク1.1 メガバンクA1.2 メガバンクB1.3 メガバンクC1.4 メガバンクD2 フラット353 ネ...

住まいの売却中に仲介業者の変更は可能?

仲介業務は成功報酬のエージェント業務ですので、成果が出なければ変更は可能です。 売却業務では、仲介業者と売却依頼者との...

一般・専任・専属のメリットやデメリット

一般媒介は1社に縛られず、複数の仲介業者に売却活動を依頼できます。しかし広告が広らず、囲い込まれるリスクもあります。販売...

住まいの売却費用の一覧と解説

不動産の売却にあたっては「仲介手数料」「印紙代」がかかるほか、ローンの借り入れがあれば、「抵当権抹消登記」「一括返済手数...

買取業者に売却するときの流れ・経費(マンション・一戸建)

買取業者とはプロ業者へ売ることです。プロ業者への売却は、判断・対応は早いのが特徴です。仲介業者を介さず、直接、買取業者へ...

住宅ローンの残債務があるときの売却

住宅ローンの残債務があるときでも売却は可能です。 売却価格が残債務より高い場合には、売却した資金をもとに残債務を一括し...

住宅ローンの完済と抵当権の抹消の手続き

抵当権を抹消することができれば、残債があっても不動産を売却することは可能です。自己資金でも、売買代金によっても完済は可能...

不動産売却の手続き・流れ(マンション・一戸建て)

マンションのご売却には、ご相談からスタートして、査定⇒売却活動⇒契約⇒決済と、最後のお引渡しまで進みます。活動のなかで最...

引渡し猶予

「引渡し猶予」とは、決済後、売主が買替え先の物件に引っ越すまでの間、現実の明け渡しについて買主が時間的な余裕を与えるとい...

住宅(マンション・一戸建て)の買い替えの知識と費用

売ったお金で旧宅のローンを返済し、新宅のローンを同時に成立させ実施することが買い替えの難所です。 方針はおおむね「売り...