気になる物件を広告等から伝えていただく理由

更新

この記事のポイント

不動産屋さんが出す情報は、レインズその他の同じ情報源です。必ずどこかの不動産業者が、どこかの媒体で物件広告を出しています。

「店頭限定の隠し物件」に期待しないでください。いい物件がないのは、条件が厳しいためです。

お客さんから気になる物件を申し出ていただくということは、一歩引いて、当社は独自の意見をお伝えできます(コンサルティング)。

購入仲介手数料 無料・半額の相談説明
購入仲介手数料 無料・半額の相談友だち追加

当社は、普通の不動産屋さんとは逆のプロセスで、物件をお客様からご提示していただくお願いをしております。お客様の興味ある物件に対して、手数料無料・半額の可否と、プロとしての意見を提供する流れをとっています。

気軽におすすめいただくには、ラインの利用が便利です。⇒ライン友達追加

LINEやメールなどを使って気になる情報をお問い合わせください。送信していただく方法はURL、写真、文字情報など手掛かりになるモノであれば、何でも構いません。

ご興味があればご見学となります。ご見学後、ご質問やご心配があれば解決して、よろしければ購入へとお進みいたくことになります。

選択肢は全て広告で露出している

選択肢は広告にある

いまは、お客様の物件の選択肢は全て広告から取得することが可能です。気になる物件を広告から物件をお選びいただいて、手数料無料・半額の可否を確認いただいたほうが合理的です。

このように断言できるのは、ネットによる不動産広告が発達したからです。

囲い込み

買主さんと同様に、売主さんも必至です。売主さんは「早く」「高く」売るのが願いです。そのため、ご自分の物件が売りに出されているか、ネットを通して、常に見続けています。そのため、物件が広告されているか、他の物件はどのようなものがあるか、チェックを怠りません。買う時と同じくらい、不動産業者のサイト、ポータルサイトを見ています。つまり、不動産業者は売主さんから監視されているとも言えます。このようなことは不動産業業者もわかっています。

ネットが生活に影響を及ぼすようになる前、平成の一桁くらいならまだ隠し物件などはあったのですが、今は都市伝説えす。このように、物件を自由にできるわけがないですので、キチンと広告をしていなければ、売主は別の仲介業者は依頼先を変更するだけです。

不動産屋の情報源は同じ

実は、不動産業界では各業者が情報を交換するシステムが構築されています。レインズというのが有名です。宅地建物取引業法という法律で、不動産業者が売却活動の依頼された場合にはレインズに掲載することを強制※されています。

各不動産業者はこのレインズから情報を抽出し、それぞれの責任で自社サイトに掲載してたり、お客様にメールでご紹介をしたりしています。

(※専任媒介専属専任媒介の場合)

このような背景もあり、家探しが進むと、不動産屋さんから来る物件情報は、見当はずれの情報や、すでに知っている情報ばかりになります。このような中で知っているような物件をご紹介しても、お客様にとってはお客様は迷惑なのはもちろん、不動産屋である当社にもロスが多くなります。詳しくは「同じ物件が複数の不動産屋で出る理由」でもメカニズムを説明しています。

囲い込みについて

もちろん、上記のレインズに掲載していない物件や、掲載しているフリをしている物件も存在しています。いわゆる「囲い込まれている物件」です。

ただ、囲い込みといっても、レインズに出ないだけで、一般向けの広告掲載自体は、不動産業者は必ず行います。囲い込まれている物件でも、当社が扱えないというだけで、買主様の選択肢としては存在しているのです。

本当の意味での未公開の物件ない

「未公開物件」という言葉を目にすることがあります。それらしい宣伝文句で不動産業者がお客様を引き付けようとします。このような未公開物件は幻想・都市伝説でありそもそも本来の意味での未公開ではありません。未公開では決して売ることはできませんからね。

もっと言いますと、未公開物件=いい物件と勘違いするお客様もいますが、そういう意味ではりません。不動産広告では、「公正取引規約」という規制があり、いい加減な言葉遣いができない規制があります。しかし「未公開物件」の規制はまだないので、事実上使いたい放題です。家さがしの経験値が高くなると段々わかってくのですが、経験が少ない段階では、「未公開」につられて、ついお問い合わせをしてしまいます。

ところで、実は当社も「非公開」ということで会員登録をお勧めしていますが、この物件は当社が「仲介手数料無料」として広告をすることができない(広告不可)だけで、他社が広告をしている物件ではあります。

物件の調べ方

弊社の記事「あらゆる物件情報を調べる方法(売買物件)」にも調べるテクニックは記載しておりますが、物件の情報源はインターネットの不動産広告(ポータルサイト)、不動産各社様の直営サイト、不動産情報誌、チラシ、電柱貼広告などで何でも構いません。

realestatelistings
不動産サイト、不動産情報紙などの情報も可

不動産ポータルサイト

とくに、住宅に関するあらゆる情報を掲載しているサイトを不動産総合ポータルサイトは情報源として有力です。suumo、athome、yahoo不動産、lifulhomes、オウチーノなどが有名です。

suumo
athome
homes
yahoo
o-uccino_logo01

他社のサイト

他の不動産会社のサイトも情報源になります。大手不動産会社、地元の不動産会社、小規模の会社・・各種ありますが、情報源は同じですからどれでも大丈夫です。

違法な電柱広告等

違法な電柱ビラはおとり物件の場合もありますが、物件が存在すれば対応できる場合があります。このように、手掛かりになれば情報源は何でも構いません。

当社からの意見提供

選ぶ制限や時間的な期限がないと、選択肢や可能性は無限に広がっていきます。婚活に似ているところがあって、当初は無限の可能性を検討したくなるのが家探しです。しかし、実際には経験の範囲内で収れんしていきます。しかし、不動産屋さんは無限の可能性に対応できませんし、他で差別化できませんから、お客様に物件の選定を早くさせようとして、シツコイ、煽りの営業トークとなります。お客様は自らまいた種から逃げ回り、冷やかしを重ねます。お互い時間をかけて迷惑しているのは、なんか変な話ですね。

コンサルティング営業

このように、非常なロスが展開されています。しかし、ご希望をいただき、その返信という流れを何回か往復すると、お客様のご希望の傾向が見えてくることがあります。傾向がつかめると選択肢が限られてきます。新しい発売物件をこちらからご紹介ができると思います。

気になる物件をお客様側で選んでいただければ、こちらも「いい物件ですから」と押せ押せの営業をする必要がなく、むしろ、第三者的な視点でアドバイスを加えて対応することができます。自分の良心から見てよい物件ではないと思えば「良い物件ではないかもしれません」とお伝えできるわけです。注意を要する物件の場合は、プロとしての意見もご提供します。営業というより、コンサルティングという視点で家さがしのお手伝いができるようになります。このような理由もあって、当社では、お客様から気になる物件のご提示をお願いしております。

当社とサービスのご紹介

マンション、住宅、不動産のご購入やご売却をサポートしています。

株式会社ロータス不動産

電話
03-5809-1630
株式会社ロータス不動産会社案内 お客様の声
住所
〒111-0053 東京都台東区蔵前1丁目8番3号2F
アクセス
蔵前駅 徒歩2分/浅草橋駅 徒歩4分/新御徒町駅 徒歩10分/馬喰町駅 徒歩10分
営業時間
9:30~20:00 / 定休日:水曜日
免許番号
東京都知事 (2) 第91587号

早稲田大(法)95年卒。在学中は早大英語会に所属。ヤマト住建(株)OB。宅地建物取引士、公認不動産コンサルティングマスター、ファイナンシャルプランニング技能士、住宅ローンアドバイザー、損害保険募集人。率直な意見を言える不動産屋さんとして、また不動産取引の真価は5年10年後に出てくると考えて仕事をしています。不動産の世界に入って20年。不動産の前は住宅設備の会社で勤務していました。

動画でご挨拶

以下の場合は確認メールが届かない場合がありますのでご注意ください。
■ご登録いただいたメールアドレスが間違っている場合
■携帯メールで迷惑メール対策をされている場合
■メールボックスの容量が一杯になっている場合
■フリーメール(Yahoo!メール、Gmailなど)で登録する場合は、迷惑メールフォルダに誤転送されている場合があります。

※ドメイン指定受信を設定されている方は「@lotus-asset-and-property.com」からのメールを 受信できるように設定してください。
※携帯電話やフリーメールのメールアドレスでのご登録は、確認メールの受信ができない可能性がありますので、迷惑メール設定をご確認ください。