気になる物件を広告から選んでいただく理由

更新

当社は普通の不動産屋さんとは逆で、気軽で快適に物件探索を進めいただくため、気になる物件をお客様からご提示していただくお願いをしております。物件の仲介手数料の無料や半額の可否、取り扱いの可否をお伝えして、コンサルティングを行います。本稿はこの趣旨をご説明していますが、不動産物件情報の慣習や、不動産情報の取得の方法を確認していただけます。なお、物件の情報源はなんでも構いません。

仲介手数料無料なら当社にお任せください。メールで仲介手数料無料~半額を確認して、手数料のお見積もりをご案内しております。

売買仲介の手数料 無料~半額説明
LINEでじっくり購入の検討をしましょう  友だち追加

気軽におすすめいただくには、ラインの利用が便利です。⇒ライン友達追加

お客様が自由に検討できる

お客様に「気になる物件」のご提示をお願いするのは、お客様へのご迷惑を避けるためです。後述のように、家探しが進むと、不動産屋さんから贈られる情報は、見当はずれの情報や、すでに知っている情報ばかりになります。

LINEやメールなどを使って気になる情報をお問い合わせください。送信していただく方法はURL、写真、文字情報など手掛かりになるモノであれば、何でも構いません。

ご興味があればご見学となります。ご見学後、ご質問やご心配があれば解決して、よろしければ購入へとお進みいたくことになります。

物件の情報源

弊社の記事「あらゆる物件情報を調べる方法(売買物件)」にも調べるテクニックは記載しておりますが、物件の情報源はインターネットの不動産広告(ポータルサイト)、不動産各社様の直営サイト、不動産情報誌、チラシ、電柱貼広告などで何でも構いません。当社では、まずお客様から気になるの物件をご指摘いただき、当社が物件概要をご案内いたします。

realestatelistings
不動産サイト、不動産情報紙などの情報も可

違法な電柱ビラはおとり物件の場合もありますが、物件が存在すれば対応できる場合があります。手掛かりになれば情報源は何でも構いません。

不動産ポータルサイト

とくに、住宅に関するあらゆる情報を掲載しているサイトを不動産総合ポータルサイトは情報源として有力です。suumo、athome、yahoo不動産、lifulhomes、オウチーノなどが有名です。

suumo
athome
homes
yahoo
o-uccino_logo01

同じ情報が多くの不動産屋さんから来る

見当はずれの情報

実は、当社からもメールでは物件のご紹介をしておりますが、どうしても範囲は限られます。お問い合わせの初期では、まだお客様の考えに理解が及んでおりませんので、はじめのころは、見当はずれの情報を送信することになります。これは、当社に限らず、どの不動産業者でも直面するミスマッチです。

知っている物件ばかり

お客様のご検討がある程度進みますと、希望が明確になってきます。しかし、そうなると、今度はどの業者から送られる物件も『知っている物件ばかり』という状態になります。後述しますが、不動産業者は同じ情報を扱うことができるので、同じ物件が集まってくるようになるのです。

このとき、「どの不動産屋でも同じ」と気づくことになります。詳しくは「同じ物件が複数の不動産屋で出る理由」にてご説明しております。

コンサルティング営業の時代へ

「見当はずれの物件情報」「お客さんが知っている情報」を、不動産屋さんは一生懸命になって送り、熱くお勧めしてくれます。しかし、他で差別化できませんから、不動産屋さんはしつこい営業や煽るセールストークになるわけです。時間をかけて迷惑行為をしているのは、なんか変な話ですね。

会話の中でお客様のご希望が見えてくれば、別物件のご紹介につながりますが、たいていの場合、不要な情報に返信をするのは面倒です。

当社ではこの流れを逆にして、お客様から気になる物件を指摘していただくようにしています。あらゆる情報源が活用できます。当社は仲介手数料・諸費用の見積もりや手続きの流れをご案内しますが、注意を要する物件の場合は、プロとしての意見もご提供します。営業というより、コンサルティングという視点で家さがしのお手伝いを進めています。

情報は公開情報で全て取得できる

事実上、お客様は、不動産物件の情報をすべて公開の情報で入手することができます。ですから、本来は不動産屋から情報を送信する必要はないのです。以下にその説明をします。「あらゆる物件情報を調べる方法(売買物件)」でも、詳しい解説しています。

レインズ

実は、不動産業界では各業者が情報を交換するシステムが構築されています。レインズというのが有名です。宅地建物取引業法という法律で、不動産業者が売却活動の依頼された場合にはレインズに掲載することを強制※されています。

各不動産業者はこのレインズから情報を抽出し、それぞれの責任で自社サイトに掲載してたり、お客様にメールでご紹介をしたりしています。

(※専任媒介専属専任媒介の場合)

売主さんも一生懸命

もちろん、上記のレインズに掲載していない物件や、掲載しているフリをしている物件も存在しています。いわゆる「囲い込まれている物件」です。

ただ、囲い込みといっても、レインズに出ないだけで、不動産業者は必ず広告掲載を行います。

売主さんは「早く」「高く」売りたいものです。そのため、物件が広告されているか、他の物件はどのようなものがあるか、チェックを怠りません。買う時と同じくらい、不動産業者のサイト、ポータルサイトを見ています。不動産業者は監視されています。そのことは不動産業者も十分わかっています。

つまり、囲い込まれている物件でも、当社が扱えないというだけで、買主様の選択肢としては存在しているのです。

本当の意味での未公開の物件は存在しない

「未公開物件」という言葉を目にすることがあります。それらしい宣伝文句で不動産業者がお客様を引き付けようとします。このような未公開物件は幻想・都市伝説でありそもそも本来の意味での未公開ではありません。未公開では決して売ることはできませんからね。

もっと言いますと、未公開物件=いい物件と勘違いするお客様もいますが、そういう意味ではりません。不動産広告では、「公正取引規約」という規制があり、いい加減な言葉遣いができない規制があります。しかし「未公開物件」の規制はまだないので、事実上使いたい放題です。家さがしの経験値が高くなると段々わかってくのですが、経験が少ない段階では、「未公開」につられて、ついお問い合わせをしてしまいます。

ところで、実は当社も「非公開」ということで会員登録をお勧めしていますが、この物件は当社が「仲介手数料無料」として広告をすることができない(広告不可)だけで、他社が広告をしている物件ではあります。

当初はお客様の検討範囲が広すぎる

無限の可能性

当初は無限の可能性を検討したくなるのが家探しです。学区が限られるなどすると、お客様が迷う範囲も少ないのですが、選ぶ制限や時間的な期限がないと、選択肢や可能性は無限に広がっていきます。婚活に似ているところがあります。

不動産屋の手間も増大

無限の可能性に対応していると不動産業者が調べる範囲も無限に増えてきます。当社のような小さな会社にはこれは対応できないのが実情です。むろん大手も中堅も営業担当者のリソースは限られています。そのため普通の不動産会社では、お客様に物件の選定を早くさせようとして、煽りを入れた営業トークになったり、しつこい営業になります。

もちろん大手と比べると、当社のリソースが少ないのは言うまでもなく、これも、お客様から気になる物件をご要望いただく理由の一つです。

情報の往復をしていると傾向が見える

ご希望をいただき、その返信という流れを何回か往復すると、お客様のご希望の傾向が見えてくることがあります。傾向がつかめると選択肢が限られてきます。新しい発売物件をこちらからご紹介ができると思います。

コンサルティングができる

コンサルティングはより大切な理由です。気になる物件をお客様側で選んでいただければ、不動産屋が無理して「いい物件ですから」と押せ押せの営業をする必要がありません。無理におすすめをせず、さらの当社では第三者的な視点でアドバイスを加えて対応することができます。自分の良心から見てよい物件ではないと思えば「良い物件ではないかもしれません」とお伝えできるわけです。

このような理由もあって、当社では、お客様から気になる物件のご提示をお願いしております。

当社とサービスのご紹介

 売却に関するサービスのご紹介

マンション、住宅、不動産のご購入やご売却をサポートしています。

株式会社ロータス不動産

電話
03-5809-1630
株式会社ロータス不動産会社案内
住所
〒111-0053 東京都台東区蔵前1丁目8番3号2F
アクセス
蔵前駅 徒歩2分/浅草橋駅 徒歩4分/新御徒町駅 徒歩10分/馬喰町駅 徒歩10分
営業時間
9:30~20:00 / 定休日:水曜日
免許番号
東京都知事 (2) 第91587号

サラリーマン・OLの皆さんはもちろん、歩合のセールスマン、先生、職人、自営業者、会社経営者、アスリート、芸術家、ミューシャン、年金生活者、外国人の皆さんなど、多彩な皆様にご愛顧いただいてきました。当社の口コミ・評判はお客様の声を、当社のコミットメントをぜひご覧ください。

以下の場合は確認メールが届かない場合がありますのでご注意ください。
■ご登録いただいたメールアドレスが間違っている場合
■携帯メールで迷惑メール対策をされている場合
■メールボックスの容量が一杯になっている場合
■フリーメール(Yahoo!メール、Gmailなど)で登録する場合は、迷惑メールフォルダに誤転送されている場合があります。

※ドメイン指定受信を設定されている方は「@lotus-asset-and-property.com」からのメールを 受信できるように設定してください。
※携帯電話やフリーメールのメールアドレスでのご登録は、確認メールの受信ができない可能性がありますので、迷惑メール設定をご確認ください。