住宅購入の必要書類を教えます!

○不動産の購入では、各段階よって書類が必要です。
○必要な書類とは、身分関連、所得関連、不動産関連に分かれます。
○各段階とは、1)購入申し込み時 2)事前ローン審査時 3)売買契約時 4)ローン申し込み時 5)決済引渡時です。

※全体の手続き、大きな流れをお知りになりたい場合は、中古マンション等の購入手続き(流れ)新築戸建て購入手続きをご覧ください。

不動産の手続きの中で最大の諸費用は「仲介手数料」です。当社では、手数料無料や半額で対応します。手数料が割安になります。気になる物件、買いたい物件がおありの方は、ぜひご相談ください。

購入申込時

不動産購入申込書

申込書契約書とは違います。これは契約の前段階となる意思表示です。通常では住宅ローンの契約前審査(事前審査)を実施して、ローンの借入能力があることを確認してから、本契約です。

この段階では、身分証の提示を求められることがあります。

契約ではありませんので、申込証拠金などは不要です。契約ではありませんので、後日、事前の説明などと異なる場合は、押印前ならキャンセルを申し出ることも可能です。ただし、新築マンションの場合は、申し込み証拠金を要求される場合があります。

住宅ローンの事前審査

住宅ローンの必要書類は、身分関係、所得関係、物件関係です。

1.身分関係の書類

運転免許証等のコピー(写真つきのもの。パスポートなども可。裏・表面です)。外国人の方は、在留カードのコピー(裏・表面)

・健康保険証のコピー(裏・表面です)

・契約社員、派遣社員の方は、雇用先との雇用契約書

※勤務形態により、雇用保険被保険者証の写しを求められることがあります。

・ご勤続年数が短い場合は、経歴書の提出を求められる場合があります。

・自営業の方や会社経営の方や親族企業・零細企業にお勤めの方は、会社案内や登記簿謄本、会社のURLの提示など、事業の形態がイメージできるもの提出を求められる場合があります。

2.所得関係の書類

源泉徴収票のコピー(勤労者の方。1~2期分)

※源泉徴収票は、住民税の決定通知書もしくは課税証明で代用できます。

給与明細(転職してから期間が短く、源泉徴収票に現在ご勤務の会社で1年分の所得が記載されていない場合。少なくとも直近3カ月。多ければ多いほど良い)

・自営業者の方は決算書と確定申告書の控えのコピー(3期分。納税時提出資料のもの)

・会社を経営されている方は、源泉徴収票以外に、ご経営の会社の決算書も必要です。

3.住宅ローンの審査申し込み書(金融機関の所定)

4.物件資料

・物件資料は不動産業者が手配します。

不動産売買の契約時

  • 収入印紙(もしくは印紙代)
  • 身分証明書

  • 新築戸建の場合は、表示登記のための住民票、印鑑証明が必要です。

住宅ローン申込時

所得書類(事前審査の書類とリンクします)

・勤労者の方は課税証明(市区町村役所発行)の原本

・自営業等の方は納税証明(税務署発行)の原本

・会社経営をされている方は、経営する会社の納税証明の原本と、ご自身の課税証明の原本

住民票と印鑑証明の原本

住民票は「世帯全員」が必要(おひとり世帯でも「世帯全員」で請求します)。ローンの申込で使うハンコは実印です。実印とは、役所で印鑑登録したハンコです。実印を持っていない方は三文判ではない、かっこいいハンコを作成することを希望する場合がありますが、家を買うことが明確な場合は必ず必要になりますので、ご準備ください。

住宅ローンの契約時

○新住所について

住宅ローンの契約は新住所で行うことが多いです。そのための住民票、印鑑証明が必要です。所得関係の書類は、物件関係の書類は申込時に提出済みですが、銀行が原本を確認する必要があります。

身分証明書

新住所の住民票

新住所での印鑑証明書

収入印紙

ご購入契約の時に不動産業者から交付を受けた「売買契約書」「重要事項説明書」

引渡・決済時

○ローン購入の場合:身分証明、実印。

※ローン購入の場合はローン契約の手続きの折に提出することが多く、あらためて別の書類は必要がないことのほうがが多いようです

○現金購入の場合:住民票、身分証明、認印

○その他、法書士の判断・指示にしたがいます。